研課題
J-GLOBAL ID:201204052115588499  研究課題コード:8664 更新日:2013年10月07日

スフィンゴミエリン合成酵素阻害剤スクリーニングキットの開発

実施期間:2009 - 継続中
実施機関 (1件):
実施研究者(所属機関) (1件):
研究概要:
スフィンゴミエリン合成酵素はセラミドからスフィンゴミエリンを合成する酵素である。この酵素を阻害すればアポトーシスを昂進させることができ、抗ガン剤などに幅広い用途があるが、阻害剤のスクリーニングシステムは未だ開発されていない。そこで本研究では、酵素を酵母の細胞表層に提示させて酵素作用を持たせ、それにいろいろな薬剤を作用させて阻害効果を測るという手法で、阻害剤スクリーニングキットとしての開発を目指す。
研究制度: シーズ発掘試験
研究所管省庁:
文部科学省
研究所管機関:
独立行政法人科学技術振興機構
上位研究課題 (1件):

前のページに戻る