研課題
J-GLOBAL ID:201204052338334871  研究課題コード:10532 更新日:2013年10月07日

アンモニア揮散を抑制したメタン発酵消化液の施用機械の開発と実証

実施期間:2009 - 継続中
実施機関 (1件):
実施研究者(所属機関) (1件):
研究概要:
前年の研究でメタン発酵消化液を利用した稲作が可能となったことを発展させ、汎用型かつ肥料成分(アンモニア態窒素)の揮散を回避するメタン発酵消化液の施用機を製作する。製作機にはカルチを利用した土壌への施用および汚泥ポンプによる流量調節機能を設定する予定である。実圃場において、その作業性や消化液の地中散布効率およびアンモニア態窒素の揮散抑制効果および作物生育を検証する。
研究制度: シーズ発掘試験
研究所管省庁:
文部科学省
研究所管機関:
独立行政法人科学技術振興機構
上位研究課題 (1件):

前のページに戻る