研課題
J-GLOBAL ID:201204052907769423  研究課題コード:10639 更新日:2013年10月07日

脂肪酸受容体をターゲットとした糖尿病を防止するための薬剤開発:リガンド探索と制御メカニズムの解明

実施期間:2011 - 2014
実施機関 (2件):
実施研究者(所属機関) (2件):
研究概要:
本研究は、近年日本で発見された、肥満や糖尿病などの代謝疾患の新たな治療標的である「脂肪酸受容体」に関して、受容体機能の調節メカニズムを明らかにし、さらに受容体機能の活性を調節する化合物を探索、同定することを目的とする。具体的には、日本側は世界に先駆けて発見した長鎖脂肪酸受容体GPR120遺伝子改変動物を用いて生理、病態時の機能を解明し、一方メキシコ側はGPR120安定発現細胞を用いて受容体特異的化合物の探索研究を行う。両国の研究チームが相互補完的に取り組むことで、現在全世界的な健康問題である肥満や糖尿病の新たな治療薬の開発が期待される。
研究制度: 戦略的国際科学技術協力推進事業
研究所管省庁:
文部科学省
研究所管機関:
独立行政法人科学技術振興機構
上位研究課題 (1件):

前のページに戻る