研課題
J-GLOBAL ID:201204053035585118  研究課題コード:7781 更新日:2013年10月07日

肝細胞増殖因子(HGF)産生誘導作用を有する新規発毛素材の開発と応用

実施期間:2009 - 継続中
実施機関 (1件):
実施研究者(所属機関) (1件):
研究概要:
肝細胞増殖因子 (HGF) はヒト及び動物の毛包に働き、発毛・育毛を促進することが知られている分子量9万のタンパク質である。本課題は代表研究者が見出した新規HGF産生誘導剤のマウス皮膚におけるHGFレベル上昇効果及び発毛促進効果を試験し、市販発毛薬と同等かそれ以上の発毛効果を得ることを目標とする。試験するHGF産生誘導剤は天然物由来であり、今回の動物試験で効果が確認できれば、今後ヒト試験を経て安全な発毛薬としての開発・応用が期待できる。
研究制度: シーズ発掘試験
研究所管省庁:
文部科学省
研究所管機関:
独立行政法人科学技術振興機構
上位研究課題 (1件):

前のページに戻る