研課題
J-GLOBAL ID:201204054440668787  研究課題コード:5070 更新日:2013年10月07日

uPAを用いた機能性肝細胞の効率的な分化誘導促進方法の開発

実施期間:2009 - 継続中
実施機関 (1件):
実施研究者(所属機関) (1件):
研究概要:
肝臓移植は、肝硬変などの重篤な肝障害の最終的な治療方法であるが、臓器提供者の不足が深刻な社会問題となっている。肝臓移植に代わる新たな治療法として細胞移植療法が注目されている。しかしながら、肝臓移植同様ドナー不足の問題は解決できない。本研究では肝臓の発生シグナルに着目し、シグナル下流に位置する線溶系酵素を用いることで、従来法に比較して安価でかつ効率的にES細胞を肝細胞へ分化誘導する方法の確立を目指す。
研究制度: シーズ発掘試験
研究所管省庁:
文部科学省
研究所管機関:
独立行政法人科学技術振興機構
上位研究課題 (1件):

前のページに戻る