研課題
J-GLOBAL ID:201204055417876131  研究課題コード:7711 更新日:2013年10月07日

万能細胞から様々な細胞系譜へ分化誘導できる安全なトランスジーンデバイス

実施期間:2008 - 継続中
実施機関 (1件):
実施研究者(所属機関) (1件):
研究概要:
我々が創出した極小ヒト人工染色体 (Human Artificial Chromosome:HAC)は従来の遺伝子導入法と異なり癌化の懸念がなく多数のトランスジーンを安全かつ安定に運ぶベクターである。本研究では、万能細胞とも呼ばれるヒトiPS細胞を種々の細胞系譜へ安全かつ高効率に分化誘導させるため、必要な多数の遺伝子セットを組み込んだHACを構築し、キット化する。iPS細胞を用いた再生医療に必須のキットである。
研究制度: シーズ発掘試験
研究所管省庁:
文部科学省
研究所管機関:
独立行政法人科学技術振興機構
上位研究課題 (1件):

前のページに戻る