研課題
J-GLOBAL ID:201204055809062205  研究課題コード:5565 更新日:2013年10月07日

がん患者の予後判定のための DNAメチル化高感度定量測定技術開発

実施期間:2009 - 継続中
実施機関 (1件):
実施研究者(所属機関) (1件):
研究概要:
LINE-1はゲノム全体にわたってその由来配列が存在する転位因子であり、ヒトゲノムの約17%を占めることから、LINE-1 DNAのメチル化はゲノム全体のメチル化を知る有用なマーカーである。癌細胞では正常細胞に比較してゲノム全体のメチル化が低下し、癌の悪性度が高いほどLINE-1 DNAのメチル化は低下する。本研究では、癌患者の予後判定や個別化治療への臨床応用を目的として、LINE-1メチル化の高感度・高精度測定技術を開発する。
研究制度: シーズ発掘試験
研究所管省庁:
文部科学省
研究所管機関:
独立行政法人科学技術振興機構
上位研究課題 (1件):

前のページに戻る