研課題
J-GLOBAL ID:201204062750955258  研究課題コード:8166 更新日:2013年10月07日

電位制御可能なナノ層間化合物による着色廃水の新規処理技術の開発

実施期間:2008 - 継続中
実施機関 (1件):
実施研究者(所属機関) (1件):
研究概要:
電気化学法を使ってマンガン酸化物ナノシートを導電性基板上に形成・積層させ、着色廃水の新規処理材として実用化を目ざす。具体的には、1処理材(マンガン酸化物)の作製と特性評価、2処理能力(容量・速度)の見積もり、3吸着・分解挙動の電位依存性の検討を行う。さらに廃水中に存在すると予想される夾雑物質の影響を調べ、対象物質のサイズ、電荷、分子間相互作用に基づく選択性を評価する。
研究制度: シーズ発掘試験
研究所管省庁:
文部科学省
研究所管機関:
独立行政法人科学技術振興機構
上位研究課題 (1件):

前のページに戻る