研課題
J-GLOBAL ID:201204062836038045  研究課題コード:9248 更新日:2013年10月07日

カリンポリフェノールの抗糖尿病、抗肥満作用機構の解明と製品への応用

実施期間:2009 - 継続中
実施機関 (1件):
実施研究者(所属機関) (1件):
研究概要:
カリン抽出物は咳などの喉の炎症に効果があるといわれ、申請者の最近の検討から、カリンエタノール抽出物にきわめて強い抗酸化活性とともに血糖値低下作用や血中脂質濃度低下作用など、糖尿病、脂質異常症に対して効果があることが示された。これらの作用は、既存のブドウ種子ポリフェノールなどよりも強いものであった。しかし、カリンポリフェノールの組成、糖尿病、脂質異常症に対する作用機構は明確ではない。本研究課題ではこれらを明らかにすると同時に、抽出エキスを用いたカリンポリフェノールの製品の健康機能性へのエビデンンスを提示するものである。
研究制度: シーズ発掘試験
研究所管省庁:
文部科学省
研究所管機関:
独立行政法人科学技術振興機構
上位研究課題 (1件):

前のページに戻る