研課題
J-GLOBAL ID:201204062842280974  研究課題コード:3758 更新日:2013年10月07日

2次元多共焦点ラマン分光顕微鏡の実用化開発

実施期間:2011 - 継続中
実施機関 (2件):
実施研究者(所属機関) (2件):
研究概要:
本プログラム「機器開発タイプ」で開発した成果をもとに、生きた細胞や組織のラマンイメージをリアルタイムで観察可能な2次元多共焦点ラマン分光顕微鏡の実用化開発を行います。本顕微鏡は、励起ビームを20×20(400点)に分割して集光照射し、試料やビームの走査を一切行うことなく2次元ラマンイメージとスペクトル測定が可能です。生きた細胞のラマンイメージ取得時間が1秒以下、空間分解能500nmを目指した実用化開発を行います。
研究制度: 先端計測分析技術・機器開発プログラム
研究所管省庁:
文部科学省
研究所管機関:
独立行政法人科学技術振興機構
研究予算: 0(千円)
上位研究課題 (1件):

前のページに戻る