研課題
J-GLOBAL ID:201204066150912682  研究課題コード:9463 更新日:2013年10月07日

高効率・精密加工性を有する「光ファイバーレーザー増幅器」の開発と応用

実施期間:2007 - 継続中
実施機関 (1件):
実施研究者(所属機関) (1件):
研究概要:
「レーザー加工」は、自動車を代表とする機械や半導体・電子などの産業界で広く利用されているが、さらなる省エネルギー化(高効率化)や加工性の向上(精密加工性)が待望されている。 偏光が「放射状に分布」した新しいタイプのレーザーの「径偏光レーザー」は、高効率性と精密加工性を兼備した、次世代加工用レーザー光源として期待されている。本課題は、ビーム品質の優れた「径偏光レーザー光」を、波長域が同じYb イオンをドープした光ファイバーで<増幅>するレーザー装置の開発を行い、材料加工への実用性を実証する。
研究制度: シーズ発掘試験
研究所管省庁:
文部科学省
研究所管機関:
独立行政法人科学技術振興機構
上位研究課題 (1件):

前のページに戻る