研課題
J-GLOBAL ID:201204068044766920  研究課題コード:9570 更新日:2013年10月07日

がんの悪性度を機能的に診断する新しい評価法の開発

実施期間:2009 - 継続中
実施機関 (1件):
実施研究者(所属機関) (1件):
研究概要:
がんは2010年には心臓疾患を抜いて世界第1位の死亡原因になると世界保険機関が報告している日本における3大疾病の1つである。その病気の進行は非常にゆっくりとしており、良性腫瘍から悪性腫瘍になるのには数年かかる。本研究ではこれまで診断が不可能だった機能的に悪性腫瘍になる前段階の腫瘍の状態を、新たに開発する“超高感度血管新生因子検出法”を用いて機能的に評価する方法を開発することを目的とする。本評価法により、従来までの組織学や腫瘍マーカーといった静的な評価法以外に実際に今病理組織が機能的にどれくらい悪性度が高い
研究制度: シーズ発掘試験
研究所管省庁:
文部科学省
研究所管機関:
独立行政法人科学技術振興機構
上位研究課題 (1件):

前のページに戻る