研課題
J-GLOBAL ID:201204069630274081  研究課題コード:7709 更新日:2013年10月07日

化学反応を用いない廃食用油を活用したディーゼル発電燃料の開発

実施期間:2009 - 継続中
実施機関 (1件):
実施研究者(所属機関) (1件):
研究概要:
本研究は、研究代表者らの発明になる吸着濾過シート、バイオディーゼル燃料(BDF)作成等研究成果を利用して、濾過精製・性状調整剤添加方式により、ディーゼル発電用に、廃食用油からBDFを製造する技術の実用化に向けて取り組むものである。現在までに、濾過精製装置の試作、発電実験を行い、本法の信頼性は確認してきているが、今回は以下の目標に取り組む。1 燃料を迅速に製造できる燃料油製造装置の製造 2安価な性状調整剤の開発
研究制度: シーズ発掘試験
研究所管省庁:
文部科学省
研究所管機関:
独立行政法人科学技術振興機構
上位研究課題 (1件):

前のページに戻る