研課題
J-GLOBAL ID:201204069926915031  研究課題コード:5176 更新日:2013年10月07日

脊椎立位3次元構造評価システムの開発

実施期間:2009 - 継続中
実施機関 (1件):
実施研究者(所属機関) (1件):
研究概要:
脊柱側弯症や椎間板ヘルニア腰椎すべり症は脊椎構造の3次元変形を伴うので、これら疾患の診断・治療において脊椎構造を立位で3次元評価することが重要である。脊椎構造の評価はCTやMRIによる臥位(寝た状態)評価か、単純X線による立位2次元評価が一般的である。そこで本課題では、2方向X線像と、MR画像を用いて構築した3次元骨形状モデルを用いたイメージマッチングによる3次元位置推定法により、脊椎構造を立位で3次元評価するシステムを開発することを目的とする。
研究制度: シーズ発掘試験
研究所管省庁:
文部科学省
研究所管機関:
独立行政法人科学技術振興機構
上位研究課題 (1件):

前のページに戻る