研課題
J-GLOBAL ID:201204070869868151  研究課題コード:7978 更新日:2013年10月07日

画期的植物生産性向上技術の開発

実施期間:2009 - 継続中
実施機関 (1件):
実施研究者(所属機関) (1件):
研究概要:
申請者は大気中の窒素酸化物(NOx)が植物のバイオマス生産を触媒的に増加させることを世界に先駆けて発見し、この効果をバイタリゼーションと命名した。バイタリゼーションは各種の植物に認められる。主要作物についてその原因遺伝子をとらえて植物育種に利用すれば、省資源で環境負荷もなく、生産性を高めうる夢の技術が実現できる。本研究は、シロイヌナズナを用いて、バイタリゼーションの原因遺伝子を特定して、画期的植物生産性向上技術の開発をめざす。
研究制度: シーズ発掘試験
研究所管省庁:
文部科学省
研究所管機関:
独立行政法人科学技術振興機構
上位研究課題 (1件):

前のページに戻る