研課題
J-GLOBAL ID:201204072307268014  研究課題コード:9274 更新日:2013年10月07日

電磁超音波現象を用いた内部応力診断技術の開発と応用

実施期間:2008 - 継続中
実施機関 (1件):
実施研究者(所属機関) (1件):
研究概要:
板状の磁性体に縦波超音波を印加すると、超音波による伸縮部に発生する磁気異方性磁界が試料の表面から漏洩する。この漏洩磁束は、材料中に存在する応力に応じて変化するため、その変化を観測することにより、試料内部の応力分布を知ることができる。本研究は、構造物にキズが発生する前段階の疲労の状態を検出する技術であり、構造物の安全性を非破壊で検査する新しい技術を提案できることが期待できる。
研究制度: シーズ発掘試験
研究所管省庁:
文部科学省
研究所管機関:
独立行政法人科学技術振興機構
上位研究課題 (1件):

前のページに戻る