研課題
J-GLOBAL ID:201204073960179236  研究課題コード:10455 更新日:2013年10月07日

グリーンかつ高効率なアルコール酸化によるカルボニル化合物製造法の開発

実施期間:2009 - 継続中
実施機関 (1件):
実施研究者(所属機関) (1件):
研究概要:
アルコール酸化によるカルボニル化合物の合成は重要な工業反応である。しかしながら、従来の反応系では有害な酸化剤を用いた量論反応にて行われ、反応後に生成する廃棄物の処理や原子効率の低さに問題があった。代表者のグループは、無機化合物上に創製した銅ナノ粒子をアルコール中に加え撹拌するだけで効率良くカルボニル化合物を製造できる、酸化剤を必要としない触媒プロセスを開発した。本研究では、開発した触媒プロセスを応用し、多種多用なカルボニル化合物製造法を開発する。
研究制度: シーズ発掘試験
研究所管省庁:
文部科学省
研究所管機関:
独立行政法人科学技術振興機構
上位研究課題 (1件):

前のページに戻る