研課題
J-GLOBAL ID:201204074487630231  研究課題コード:7182 更新日:2013年10月07日

電気的手法による難削材の超精密切削加工面の性状改善に関する研究

実施期間:2008 - 継続中
実施機関 (1件):
実施研究者(所属機関) (1件):
研究概要:
単結晶ダイヤモンド工具による超精密切削加工は、高機能光学部品の加工技術として一般化している。しかしその加工材料は無酸素銅、アルミニウム合金、無電解ニッケルリンめっき膜等に限定され、鉄系材料やチタン・モリブデン等の機能性材料に関しては、主にダイヤモンド工具の急速な熱化学的摩耗のため、良好な加工面を得ることができない。本研究では、加工中にダイヤモンド工具と被削材間に外部から電気的作用を付加することによって、加工面性状の改善を図る。
研究制度: シーズ発掘試験
研究所管省庁:
文部科学省
研究所管機関:
独立行政法人科学技術振興機構
上位研究課題 (1件):

前のページに戻る