研課題
J-GLOBAL ID:201204076616377150  研究課題コード:5593 更新日:2013年10月07日

数理モデルに基づく植物概日リズムの制御技術の開発と植物工場への応用

実施期間:2009 - 継続中
実施機関 (1件):
実施研究者(所属機関) (1件):
研究概要:
時計遺伝子を介した光サイクルの制御は植物工場において重要な技術である。これまでは環境サイクルとタンパク代謝系の同調が起こるように、環境刺激を試行錯誤的に調整する制御が行われてきたが、効率的化のためには、時計遺伝子の数理モデルを用いた、より高精度の制御法を設計する必要がある。本課題は、植物の遺伝子発現データの定量的性質を実現する数理モデルを構築し、得られたモデルから、時計遺伝子の最適制御技術を開発することを目的とする。
研究制度: シーズ発掘試験
研究所管省庁:
文部科学省
研究所管機関:
独立行政法人科学技術振興機構
上位研究課題 (1件):

前のページに戻る