研課題
J-GLOBAL ID:201204078028797498  研究課題コード:10766 更新日:2013年10月07日

生命のネットワークのダイナミクスとロバストネス

実施期間:2010 - 2012
実施機関 (2件):
実施研究者(所属機関) (2件):
研究概要:
本研究交流は、複雑性をもつさまざまな生命システムをモデル系として、生物の形や動き(ダイナミクス)と、生命機能の維持能力(ロバストネス)を反映したモデリング方法をシステムバイオロジーの手法で築くことを目的とする。酵母の細胞周期やバクテリア鞭毛モーターを主な対象とし、具体的には、日本側は独自に開発した遺伝子綱引き法(gTOW)の手法を用い、細胞周期や走化性に関する定量的情報の取得を担当し、英国側はこれらの情報解析ならびに細胞周期の数理モデリング開発を担当する。本研究交流で日英が相互補完的に取り組むことにより、細胞システムのたんぱく質コピー数変化への対応、信号伝達経路で働く多彩なたんぱく質の認識についての理解向上が期待される。
研究制度: 戦略的国際科学技術協力推進事業
研究所管省庁:
文部科学省
研究所管機関:
独立行政法人科学技術振興機構
上位研究課題 (1件):

前のページに戻る