研課題
J-GLOBAL ID:201204084313629477  研究課題コード:6696 更新日:2013年10月07日

木質表面の陰影画像からの粗さパラメータおよび視覚ざらつき度の導出

実施期間:2009 - 継続中
実施機関 (1件):
実施研究者(所属機関) (1件):
研究概要:
本研究は、高速で非接触かつ全数検査を可能にする表面凹凸の評価手法の提案を目的としている。木材など微細な表面の凹凸パターンや色調変化のある表面について、そのデジタル二次元画像から表面凹凸に関するパラメータを導出するアルゴリズムを導出する。その際、凹凸情報を画像情報に落とし込むための手法として、斜光照明によって生じる表面の陰影パターンを利用する。また官能検査も行い、表面の視覚的ざらつき度に対応した粗さパラメータを求める。また陰影のある画像処理において問題となる凹凸に関係のない色調の変動や地模様の影響の排除方法も明らかにする。
研究制度: シーズ発掘試験
研究所管省庁:
文部科学省
研究所管機関:
独立行政法人科学技術振興機構
上位研究課題 (1件):

前のページに戻る