研課題
J-GLOBAL ID:201204084501377442  研究課題コード:6750 更新日:2013年10月07日

臨床応用可能な点突然変異部位検出用核酸プローブ試薬の開発

実施期間:2008 - 継続中
実施機関 (1件):
実施研究者(所属機関) (1件):
研究概要:
SNPを検出する新規概念の核酸プローブの開発を行う。開発するプローブは遺伝子と完全に結合した時のみ蛍光を発するため、非結合プローブの除去操作を必要とせず、均一検体水溶液に添加するだけで遺伝子配列の変異を検出・同定することができる。本研究では医学部との共同研究のもとに臨床検体由来DNA中のSNP検出を試みる。また、MEMS技術に基づく多検体処理用チップを開発し、実践的なSNP解析システム開発を目指す。
研究制度: シーズ発掘試験
研究所管省庁:
文部科学省
研究所管機関:
独立行政法人科学技術振興機構
上位研究課題 (1件):

前のページに戻る