研課題
J-GLOBAL ID:201204087613802315  研究課題コード:5036 更新日:2013年10月07日

連鎖反応を利用した汎用性常温アミン合成法の開発

実施期間:2009 - 継続中
実施機関 (1件):
実施研究者(所属機関) (1件):
研究概要:
最近我々は塩基のみでヒドロキサム酸(RCONHOH)が転位してアミン化合物が高収率で得られる反応を見出した。本技術をさらに改良すれば、常温でのカルボン酸誘導体の転位反応による簡便なアミン合成法が可能となる。本研究課題では、汎用性の高い溶媒中で、少量の活性化剤導入を引き金に常温で連鎖型転位反応を達成することを目標とする。この実現により、大量合成を含めた実用的なプロセス合成へと展開が期待される。
研究制度: シーズ発掘試験
研究所管省庁:
文部科学省
研究所管機関:
独立行政法人科学技術振興機構
上位研究課題 (1件):

前のページに戻る