研課題
J-GLOBAL ID:201204088380791756  研究課題コード:10898 更新日:2013年10月07日

触覚学習および触覚フィードバックを用いた運動制御

実施期間:2012 - 2014
実施機関 (2件):
実施研究者(所属機関) (2件):
研究概要:
本研究交流は、触覚情報を用いたヒトの物体操作のメカニズムを、神経科学とロボティクスの知見から明らかにすることを目的とする。具体的には、日本側は物体操作中のヒトの脳情報を計測し、物体の状態と脳情報を照らし合わせた上で、ヒトがどのように触覚情報を処理し物体を制御しているのか、描像を導き出す。ドイツ側は、導き出された描像をモデリングし、新しい触覚刺激提示装置および把持計測システムの開発を行う。両国の研究チームが相互補完的に取り組むことで、人の巧みな物体操作を理解し、リハビリテーョンやロボットの開発に貢献することが期待される。
研究制度: 戦略的国際科学技術協力推進事業
研究所管省庁:
文部科学省
研究所管機関:
独立行政法人科学技術振興機構
上位研究課題 (1件):

前のページに戻る