研課題
J-GLOBAL ID:201204089950068570  研究課題コード:9155 更新日:2013年10月07日

てんかんにおける遺伝子診断用DNAチップの開発

実施期間:2009 - 継続中
実施機関 (1件):
実施研究者(所属機関) (1件):
研究概要:
てんかんにおける主たる治療法は抗てんかん薬(AED)による対症療法である。近年、責任遺伝子やAED代謝に関わる遺伝子多型と代謝能との関連も明らかになりつつあり、遺伝子診断により、責任遺伝子型から作用機序に則した最適なAEDを選択し、個々人の代謝能から投与量を決定する個別化治療の可能性が見えてきている。しかし、責任遺伝子及びAED代謝関連遺伝子が多岐に渡るため、時間・コスト面において効率的に遺伝子診断を行うツールの開発が必須である。
研究制度: シーズ発掘試験
研究所管省庁:
文部科学省
研究所管機関:
独立行政法人科学技術振興機構
上位研究課題 (1件):

前のページに戻る