研課題
J-GLOBAL ID:201204090042689762  研究課題コード:5908 更新日:2013年10月07日

位相分解蛍光寿命測定法を用いたイオン濃度定量測定法の開発

実施期間:2009 - 継続中
実施機関 (1件):
実施研究者(所属機関) (1件):
研究概要:
本技術は、位相分解蛍光寿命測定の細胞内イオン濃度の定量測定への応用である。細胞の特定部位をイオン濃度感受性の蛍光色素で標識し、その蛍光寿命を測定する。そして、その蛍光寿命からイオン濃度を求める。蛍光寿命の測定には、位相分解蛍光寿命測定を用いる。この手法によるイオン濃度測定の特徴は、非侵襲、短い測定時間、高い定量性である。イオン濃度は、神経細胞のシグナル伝達に関わっており非常に重要である。そのため、共焦点レーザー顕微鏡に本技術を導入すれば、生体細胞のカルシウムイオン濃度の三次元分布測定が可能となる。
研究制度: シーズ発掘試験
研究所管省庁:
文部科学省
研究所管機関:
独立行政法人科学技術振興機構
上位研究課題 (1件):

前のページに戻る