研課題
J-GLOBAL ID:201204095735804273  研究課題コード:7966 更新日:2013年10月07日

着床促進因子を添加したブタ凍結精液用完全合成融解液の開発

実施期間:2009 - 継続中
実施機関 (1件):
実施研究者(所属機関) (1件):
研究概要:
養豚業において、母豚の産子数向上や空胎期間の縮小は生産性向上に重要である。このため、凍結精液による人工授精の導入が要望されているが、融解後の精子機能性低下による低受胎率が課題となっている。我々は、精漿が凍結精液の融解時に生じる受精障害の発生を抑制し、人工授精後の胚の着床を促進することを解明した。しかし、精漿成分は個体や季節による影響が大きく、安定的に人工授精に用いることができないだけでなく、病原体混入の危険性もある。そこで本研究では、精子の受精能および胚の着床促進能を保持した生体成分非混入な完全合成融解液を開発する。
研究制度: シーズ発掘試験
研究所管省庁:
文部科学省
研究所管機関:
独立行政法人科学技術振興機構
上位研究課題 (1件):

前のページに戻る