研究者
J-GLOBAL ID:201301000405440106   更新日: 2021年03月03日

長谷川 靖哉

ハセガワ ヤスチカ | Hasegawa Yasuchika
所属機関・部署:
職名: 教授
ホームページURL (1件): http://www.eng.hokudai.ac.jp/labo/amc/index.html
研究分野 (3件): 有機機能材料 ,  無機・錯体化学 ,  機能物性化学
研究キーワード (4件): 錯体化学 ,  光化学 ,  希土類 ,  発光
競争的資金等の研究課題 (30件):
  • 2020 - 2023 情報科学を基盤としたキラル型希土類錯体の機械学習および探索
  • 2020 - 2022 水圏環境における発光性希土類分子会合体の形成と光機能
  • 2020 - 2022 希土類錯体から配位高分子へのソフトクリスタル変形と光機能評価
  • 2018 - 2020 ソフトクリスタル挙動を示すキラル希土類配位高分子の合成と光機能評価
  • 2018 - 2020 積層構造を有する発光性希土類配位ナノ粒子の合成と光機能
全件表示
論文 (252件):
  • Yuichi Kitagawa, Ayu Naito, Koji Fushimi, Yasuchika Hasegawa. First Tribo-Excited Chemical Reaction of a Stacked Lanthanide Coordination Polymer with an in Situ Reaction Monitor. Chemistry - A European Journal. 2021. 27. 7. 2279-2283
  • Pedro Paulo Ferreira da Rosa, Shiori Miyazaki, Haruna Sakamoto, Yuichi Kitagawa, Kiyoshi Miyata, Tomoko Akama, Masato Kobayashi, Koji Fushimi, Ken Onda, Tetsuya Taketsugu, et al. Coordination Geometrical Effect on Ligand-to-Metal Charge Transfer-Dependent Energy Transfer Processes of Luminescent Eu(III) Complexes. The Journal of Physical Chemistry A. 2021. 125. 1. 209-217
  • Yuichi Kitagawa, Marina Kumagai, Pedro Paulo Ferreira da Rosa, Koji Fushimi, Yasuchika Hasegawa. Long-Range LMCT Coupling in Eu III Coordination Polymers for an Effective Molecular Luminescent Thermometer**. Chemistry - A European Journal. 2021. 27. 1. 264-269
  • Takeru Inoue, Makoto Tsurui, Hiroshi Yamagishi, Yuma Nakazawa, Naoto Hamaguchi, Shoya Watanabe, Yuichi Kitagawa, Yasuchika Hasegawa, Yohei Yamamoto, Hayato Tsuji. Long-wavelength visible to near infrared photoluminescence from carbon-bridged styrylstilbene and thiadiazole conjugates in organic and aqueous media. RSC Advances. 2021. 11. 11. 6008-6013
  • Yuichi Kitagawa, Ayu Naito, Koji Fushimi, Yasuchika Hasegawa. Bright sky-blue fluorescence with high color purity: assembly of luminescent diphenyl-anthracene lutetium-based coordination polymer. RSC Advances. 2021. 11. 12. 6604-6606
もっと見る
MISC (266件):
特許 (73件):
  • ビスホスフィンオキシド希土類錯体及び光学機能性材料
  • 希土類錯体, 希土類錯体溶液、発光性成形体、発光性物品を製造する方法
  • 希土類化合物、ホスフィンオキシド化合物及び発光体
  • 希土類錯体、発光体及び発光デバイス
  • 希土類錯体、放射線治療用光学イメージング剤、中性子線検出用シンチレーター及びカルボラン誘導体
もっと見る
書籍 (51件):
  • 発光性希土類錯体を用いた農林水産業の支援
    グリーンテクノ情報 2018
  • PSP/TSP のための新材料開発
    可視化情報 2018
  • 希土類配位高分子の励起エネルギー移動
    化学と工業 2017
  • 新時代を切り開く希土類錯体ポリマー
    科学と工業 2016
  • ナノ材料解析の実際
    講談社 2016
もっと見る
学歴 (3件):
  • 1994 - 1997 大阪大学
  • 1992 - 1994 静岡大学
  • 1988 - 1992 静岡大学 材料精密化学科
学位 (1件):
  • 博士(工学) (大阪大学)
経歴 (4件):
  • 2010/04 - 現在 北海道大学 大学院工学研究院 教授
  • 2005/04 - 2010/03 奈良先端科学技術大学院大学 准教授
  • 1999/12 - 2005/03 大阪大学大学院工学研究科 助手
  • 1994/04 - 1999/11 新日本理化株式会社 研究員
委員歴 (15件):
  • 2018/01 - 現在 光化学協会 理事
  • 2014/05 - 現在 日本希土類学会 理事
  • 2016/05 - 2020/05 高分子学会 理事
  • 2015/04 - 2019/12 錯体化学会 将来計画委員会委員
  • 2015/04 - 2016/03 日本化学会 代議員
全件表示
受賞 (7件):
  • 2017/04 - 文部科学省 文部科学大臣表彰 科学技術省 強発光を示す希土類分子ナノ材料に関する研究
  • 2016/06 - 日本画像学会 コニカミノルタ科学技術振興財団研究奨励賞 希土類錯体の光機能創出と画像技術応用
  • 2014/03 - 日本化学会 日本化学会第31回学術賞 光機能を示す希土類ナノ物質に関する研究
  • 2013/09 - 光化学協会 光化学協会賞 希土類物質のナノ構造制御と光機能に関する研究
  • 2010/03 - 平成21年度NAIST学術賞 希土類を基盤とした光機能ナノ物質の創成
全件表示
所属学会 (6件):
複合系の光機能研究会 ,  高分子学会 ,  錯体化学会 ,  日本希土類学会 ,  光化学協会 ,  日本化学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る