研究者
J-GLOBAL ID:201301000588636985   更新日: 2020年06月15日

内田 遼介

ウチダ リヨウスケ | Uchida Ryosuke
所属機関・部署:
職名: 専任講師
研究分野 (1件): スポーツ科学
研究キーワード (4件): 暴力 ,  体罰 ,  集合的効力感 ,  自己効力感
競争的資金等の研究課題 (4件):
  • 2018 - 2020 潜在的体罰容認派は存在するか--体罰行使場面観察中の生理反応に着目した検討--
  • 2018 - 2019 運動部活動場面における体罰と鍛錬の境界--人は如何なる行為を体罰と判断しやすいのか?--
  • 2014 - 2015 マルチレベルアプローチによる集合的効力感の概念特性に関する再考
  • 2012 - 2013 マルチレベル分析による集合的効力感の概念的特性に関する検証
論文 (12件):
  • 内田 遼介, 寺口 司, 大工 泰裕. 運動部活動場面での被体罰経験が体罰への容認的態度に及ぼす影響. 心理学研究. 2020. 91. 1
  • 内田遼介. 勝つためのチームビルディング. 体育の科学. 2018. 68. 4. 262-265
  • 内田遼介, 釘原直樹, 東 亜弓, 土屋裕睦. 過去経験が集合的効力感に及ぼす影響--成員の道具性に着目した検討--. 心理学研究. 2017. 88. 3. 219-229
  • 内田遼介, 河津慶太, 釘原直樹. 集団凝集性に対する集合的効力感の散布度の予測力. 体育学研究. 2017. 62. 1. 313-321
  • 内田遼介, 釘原直樹. 集団課題の遂行順序が集合的効力感の評価形成過程に及ぼす影響. 対人社会心理学研究. 2017. 17. 69-79
もっと見る
MISC (5件):
  • 内田 遼介, 寺口 司, 大工 泰裕. 運動部活動場面における体罰と鍛錬の境界--人は如何なる行為を体罰と判断しやすいのか?--. 2018年度笹川スポーツ研究助成 研究成果報告書. 2019. 300-306
  • 内田遼介, 安宅優輔, 井川貴裕, 井上雅喜, 門岡晋, 高力裕也, 下河内洋平, 助永仁美, 菅生貴之, 高本恵美, et al. 2012年度大阪体育大学トレーニング科学センター活動報告. 大阪体育大学紀要. 2013. 44. 155-170
  • 内田遼介, 安宅優輔, 井上雅喜, 上杉宏治, 菅勝揮, 助永仁美, 菅生貴之, 下河内洋平, 高本恵美, 田中健一, et al. 2011年度大阪体育大学トレーニング科学センター活動報告. 大阪体育大学紀要. 2012. 43. 111-123
  • 下河内洋平, 鶴池柾叡, 梅林 薫, 安原みどり, 魚田尚吾, 江籠純平, 井川貴裕, 内田遼介. 2008~2010年度ATルーム活動報告. 大阪体育大学紀要. 2011. 42. 121-133
  • 内田遼介, 菅勝揮, 菅生貴之, 下河内洋平, 高本恵美, 梅林薫. 2010年度大阪体育大学トレーニング科学センター活動報告. 大阪体育大学紀要. 2011. 42. 135-148
講演・口頭発表等 (34件):
  • 社会的望ましさを排除した体罰容認度を測定する潜在的指標の開発--ST-IATを用いた検討--
    (日本応用心理学会第86回大会 2019)
  • 運動部活動の指導者が体罰を行使するとき--アーカイブ調査による定性的検討--
    (日本スポーツ心理学会第45回大会 2018)
  • 体罰被害の規定因: 体罰被害生徒数を用いた検討
    (法と心理学会第19回大会 2018)
  • Victims become supporters: The past experience of direct corporal punishment in extra-curricular school sports settings predicts a tolerant attitude toward the punishment.
    (29th International Congress of Applied Psychology 2018)
  • 過去の被体罰経験が体罰への容認的態度に及ぼす影響
    (日本スポーツ心理学会第44回大会 2017)
もっと見る
学歴 (3件):
  • 2013 - 2017 大阪大学大学院
  • 2008 - 2010 大阪体育大学大学院
  • 2004 - 2008 大阪体育大学 体育学科
学位 (2件):
  • 修士(スポーツ科学) (大阪体育大学)
  • 博士(人間科学) (大阪大学)
経歴 (9件):
  • 2019/04 - 現在 流通科学大学 人間社会学部 専任講師
  • 2010/04 - 現在 近畿大学 農学部 非常勤講師(生涯スポーツI・II)
  • 2018/04 - 2019/03 法政大学 スポーツ研究センター 客員所員
  • 2018/04 - 2019/03 大阪商業大学 非常勤講師(スポーツ実習I・II)
  • 2017/04 - 2019/03 流通科学大学 非常勤講師(スポーツ科学演習A・B)
全件表示
受賞 (3件):
  • 2019/12 - 日本応用心理学会 日本応用心理学会第86回大会 優秀大会発表賞 社会的望ましさを排除した体罰容認度を測定する潜在的指標の開発:ST-IATを用いた検討
  • 2019/09 - 法と心理学会 2019年 法と心理学会大会発表賞 体罰被害の規定因:体罰被害生徒数を用いた検討
  • 2019/04 - 笹川スポーツ財団 2018年度笹川スポーツ研究助成優秀研究賞 運動部活動場面における体罰と鍛錬の境界 --人は如何なる行為を体罰と判断しやすいのか?--
所属学会 (5件):
Association for Applied Sport Psychology ,  日本グループ・ダイナミックス学会 ,  日本社会心理学会 ,  日本体育学会 ,  日本スポーツ心理学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る