研究者
J-GLOBAL ID:201301000623911854   更新日: 2021年09月08日

吉永 尚紀

ヨシナガ ナオキ | Yoshinaga Naoki
所属機関・部署:
職名: 准教授
ホームページURL (1件): http://www.med.miyazaki-u.ac.jp/home/homecarenurs/
研究キーワード (10件): ひきこもり ,  ビッグデータ ,  臨床研究 ,  ICT・遠隔支援 ,  メンタルヘルス ,  社交不安症 ,  認知療法・行動療法・認知行動療法 ,  臨床心理学 ,  在宅看護 ,  精神看護学
競争的資金等の研究課題 (15件):
  • 2020 - 2024 社交不安とひきこもりの心理支援を拡充する:次世代遠隔型プログラムの戦略的利活用
  • 2018 - 2021 テレビ電話・動画視聴・アプリケーションによる新たな認知行動療法の開発と臨床応用
  • 2018 - 2021 社交不安症向け認知行動療法WEBプログラムの文化差を踏まえた改良:日英共同研究
  • 2019 - 2020 Internet-based Cognitive Therapy for Social Anxiety Disorder: Adaption and evaluation of treatment in Japan.
  • 2019 - 2020 対人不安を克服する次世代型認知行動療法WEBプログラムの開発
全件表示
論文 (40件):
  • Kobori O, YoshinagaN. Investigation of the Effects of an Online Support Group for Mental Health Problems on Stigma and Help-Seeking Among Japanese Adults: Cross-sectional Study. JMIR Formative Research. 2021. 7. 5. e21348
  • Has the 2016 expansion of mental disorders covered under national health insurance increased the use of cognitive behavioral therapy in Japan?: An analysis of the National Open Data Base. Psychiatry and Clinical Neurosciences. 2021. (in press)
  • Yoshinaga N, Thew GR, Kobori O, Hayashi Y, Clark DM. Lost in translation? Cultural adaptation of treatment content for Japanese internet-based cognitive therapy for social anxiety disorder. Journal of Behavioral and Cognitive Therapy. 2021. (in press)
  • Hiroki Tanoue, Naoki Yoshinaga, Yuta Hayashi, Ryotaro Ishikawa, Takuma Ishigaki, Yasushi Ishida. Clinical effectiveness of metacognitive training as a transdiagnostic program in routine clinical settings: A prospective, multicenter, single-group study. Japan Journal of Nursing Science. 2021. 18. 2. e12389
  • Hiroko Kunikata, Naoki Yoshinaga, Kensuke Yoshimura, Daisuke Furushima. Clinical and cost-effectiveness of nurse-led cognitive behavioral group therapy for recovery of self-esteem among individuals with mental disorders: A single-group pre-post study. Japan Journal of Nursing Science. 2021. 18. 1. e12371
もっと見る
MISC (15件):
書籍 (18件):
  • ストレングスにもとづく看護ケア 第1巻 理論編
    看護の科学社 2020 ISBN:9784878041174
  • ガイドライン外来診療 : 今日の診療のために
    日経メディカル開発, 日経BP出版センター 2020 ISBN:4931400205
  • 認知行動療法事典
    丸善出版(東京) 2019
  • 認知行動療法を用いた精神看護実習ガイド
    看護の科学社 2019
  • 若手看護学研究者が必要とする支援:テニュアトラック制は未来を切り拓くキャリパスの一つになりえるか?
    日本看護研究学会雑誌 2019
もっと見る
講演・口頭発表等 (65件):
  • Remote support program for people with social anxiety and social withdrawal: Japan-UK projectーNext-generation knowledge development approach through team science (Chair: Sanada H, Ikeda M, Speaker: Yoshinaga N, Nakagami G, Shinpuku Y)
    (The 40th Annual Conference of Japan Academy of Nursing Science 2020)
  • 看護師主導による自尊心回復グループ認知行動療法の臨床および医療経済評価:単群前後試験
    (第40回日本看護科学学会学術集会 2020)
  • 地域精神障害者を支えるためのCBTを活かしたケア(座長:長井麻希江, 白石裕子, 岡田佳詠, 発表者:中野真樹子, 則包和也, 北野進, 指定討論者:國方弘子, 吉永尚紀)
    (第20回日本認知療法・認知行動療法学会 2020)
  • 看護師が行う認知行動療法、何が同じで何が違うか?:他職種との連携・協働に向けて-CBT専門医育成に向けた厚生労働省の取り組み(座長:久我弘典, 発表者:中尾智博, 徳山明広, 吉永尚紀, 久我弘典, 指定討論者:菊地俊暁)
    (第20回日本認知療法・認知行動療法学会, 2020)
  • 社交不安症向け次世代型遠隔認知療法プログラムの標準化:日英共同研究-インターネットCBT(座長:古川壽亮, 発表者:清水栄司, 吉永尚紀, 宋龍平, 坂田昌嗣)
    (第20回日本認知療法・認知行動療法学会, 2020)
もっと見る
学歴 (3件):
  • 2010 - 2013 千葉大学
  • 2007 - 2009 宮崎大学 看護学専攻修士課程
  • 2003 - 2007 千葉大学 看護学科
学位 (3件):
  • 博士(医学) (千葉大学)
  • 修士(看護学) (宮崎大学)
  • 学士(看護学) (千葉大学)
経歴 (9件):
  • 2020/01 - 現在 宮崎大学 医学部看護学科 准教授
  • 2016/05 - 現在 福永内科神経科医院 非常勤職員(認知行動療法外来)
  • 2013/10 - 現在 千葉大学 大学院医学研究院認知行動生理学 非常勤講師
  • 2015/01 - 2019/12 宮崎大学 テニュアトラック推進機構 講師
  • 2012/05 - 2019/03 放射線医学総合研究所重粒子医科学センター 融合治療診断研究プログラム応用診断研究(MRI)チーム 客員研究員
全件表示
委員歴 (17件):
  • 2021/06 - 現在 Japan Journal of Nursing Sciences Editorial Board
  • 2021/03 - 現在 Journal of International Nursing Research Associate Editor
  • 2020/08 - 現在 日本看護研究学会 編集委員会 委員
  • 2020/06 - 現在 日本看護科学学会 COVID-19看護研究等対策委員会
  • 2020/04 - 現在 PLOS ONE Academic Editor
全件表示
受賞 (7件):
  • 2021/07 - The 7th Asian Cognitive Behavior Therapy Conference Young Professional Award
  • 2021/06 - 日本不安症学会 第13回日本不安症学会学術集会 若手優秀演題賞 社交不安症に対する認知行動療法による安静時脳機能ネットワークの変化
  • 2017/06 - 千葉医学会 第九回(2017年度)千葉医学会奨励賞 抗うつ薬抵抗性の社交不安症(対人恐怖症)に対する認知行動療法の効果研究
  • 2015/06 - Emerald Publishing Group Limited 2015 Highly Commended Paper Award Transporting Cognitive Behavioral Therapy (CBT) and the Improving Access to Psychological Therapies (IAPT) Project to Japan: Preliminary Observations and Service Evaluation in Chiba
  • 2015/02 - 日本不安症学会 第7回日本不安症学会学術集会若手優秀演題賞 社交不安におけるトラウマ記憶のイメージ書き直しセッションの効果
全件表示
所属学会 (7件):
日本看護研究学会 ,  日本精神保健看護学会 ,  日本看護科学学会 ,  日本認知・行動療法学会 ,  Academy of Cognitive and Behavioral Therapies ,  日本不安症学会 ,  日本認知療法・認知行動療法学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る