研究者
J-GLOBAL ID:201301002209033023   更新日: 2021年07月07日

丹原 惇

ニハラ ジユン | Nihara Jun
所属機関・部署:
職名: 助教
ホームページURL (1件): http://kaken.nii.ac.jp/d/r/10636228.ja.html
研究分野 (1件): 成長、発育系歯学
研究キーワード (5件): 術後安定性 ,  顎矯正手術 ,  有限要素解析 ,  生体力学 ,  歯科矯正学
競争的資金等の研究課題 (6件):
  • 2020 - 2023 舌誘導メカニズムの解明
  • 2018 - 2021 分野固有性と汎用性の関係に着目した知識・能力(スキル)の形成と評価
  • 2017 - 2020 ジェネレーティブデザインを応用した顎偏位形態予測と顎偏位軽減治療システムの確立
  • 2017 - 2020 矯正-呼吸器内科連携による閉塞性睡眠時無呼吸発症・重症化リスク予測システムの開発
  • 2014 - 2017 顎骨内応力解析を用いた成長シミュレーションによる顎変形症診断システムの開発
全件表示
論文 (26件):
  • Yurie Yamada, Jun Nihara, Supaluk Trakanant, Takehisa Kudo, Kenji Seo, Izumi Iida, Kenji Izumi, Masayuki Kurose, Yutaka Shimomura, Miho Terunuma, et al. Perivascular Hedgehog responsive cells play a critical role in peripheral nerve regeneration via controlling angiogenesis. Neuroscience research. 2021
  • Jun Nihara, Maiko Kawasaki, Katsushige Kawasaki, Akane Yamada, Fumiya Meguro, Takehisa Kudo, Supaluk Trakanant, Takahiro Nagai, Isao Saito, Takeyasu Maeda, et al. Expression of R-spondins/Lgrs in development of movable craniofacial organs. Gene expression patterns : GEP. 2021. 41. 119195-119195
  • Supaluk Trakanant, Jun Nihara, Takahiro Nagai, Maiko Kawasaki, Katsushige Kawasaki, Yoko Ishida, Fumiya Meguro, Takehisa Kudo, Akane Yamada, Takeyasu Maeda, et al. MicroRNAs regulate distal region of mandibular development through Hh signaling. Journal of anatomy. 2021. 238. 3. 711-719
  • Akane Yamada, Maiko Kawasaki, Yasuo Miake, Yurie Yamada, James Blackburn, Katsushige Kawasaki, Supaluk Trakanant, Takahiro Nagai, Jun Nihara, Takehisa Kudo, et al. Overactivation of the NF-κB pathway impairs molar enamel formation. Oral diseases. 2020. 26. 7. 1513-1522
  • Kiriko Amitani, Masaki Takeyama, Jun Nihara, Kojiro Takahashi, Yasuyoshi Ohshima, Tadaharu Kobayashi, Isao Saito. The relationship between severity of obstructive sleep apnea and maxillofacial morphology and BMI; from the point of view of sex and age distribution. Oral Science International. 2020. 17. 3. 147-157
もっと見る
MISC (118件):
もっと見る
書籍 (1件):
  • 症例でわかる歯科矯正用アンカースクリュー活用術
    医歯薬出版 2019 ISBN:9784263445747
講演・口頭発表等 (28件):
  • 叢生を伴うAngle Class II上顎前突症例
    (甲北信越矯正歯科学会雑誌 2018)
  • 『歯科矯正用アンカースクリューの利用と予後』 歯科矯正用アンカースクリューを用いた治療メカニクス
    (甲北信越矯正歯科学会雑誌 2018)
  • 口蓋裂例における矯正治療と外科的矯正術の連携と工夫 Hotz床併用二段階口蓋形成法と外科的矯正治療 片側性唇顎口蓋裂症例における治療成績の検討
    (日本口蓋裂学会雑誌 2018)
  • 小児期における上唇小帯および舌小帯伸展術に関する臨床統計調査
    (小児口腔外科 2017)
  • 矯正単独で最終咬合治療を開始した完全唇顎口蓋裂の第二期動的矯正治療開始時の側面セファログラム分析
    (日本口蓋裂学会雑誌 2017)
もっと見る
学歴 (2件):
  • 2008 - 2012 新潟大学大学院 歯科矯正学分野
  • 2001 - 2007 新潟大学 歯学科
学位 (1件):
  • 博士(歯学)
経歴 (3件):
  • 2014/04 - 現在 新潟大学大学院医歯学総合研究科 歯科矯正学分野 助教
  • 2012/04 - 2014/03 新潟大学 医歯(薬)学総合研究科 研究員
  • 2012 - 2013 コネチカット大学 客員研究員
受賞 (4件):
  • 2018/08 - 第34回歯科医学を中心とした総合的な研究を推進する集い 優秀発表賞 安全な歯科治療のためのレオロジー:超音波で硬化を操る印象法の開発
  • 2018/03 - 新潟大学 平成30年度新潟大学学長教育賞 学士課程教育における汎用的能力の育成とルーブリックを用いたパフォーマンス評価
  • 2015/11 - The 74th Annual Meeting of the Japanese Orthodontic Society Award of Excellence
  • 2014/10 - 6th World Implant Orthodontic Conference Best Poster Award
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る