研究者
J-GLOBAL ID:201301004477613272   更新日: 2020年12月15日

岡本 崇

オカモト タカシ | Okamoto Takashi
所属機関・部署:
職名: 助教
研究分野 (1件): 植物分子、生理科学
研究キーワード (2件): ケミカルバイオロジー ,  植物生理学
論文 (16件):
もっと見る
MISC (4件):
  • 岡本崇, RAHMAN Abider, 大野豊, 鶴見誠二. 恒常的な物理的刺激によってもたらされる根の形態形成とホルモン応答の解析. 日本植物生理学会年会要旨集. 2008. 49th. 189
  • 岡本崇, RAHMAN Abidur, 高地博寛, 大野豊, 鶴見誠二. 恒常的な重力・物理的刺激はエチレン産生量よりもエチレン応答を向上させる. 日本植物生理学会年会要旨集. 2007. 48th. 133
  • Hironori Takaji, Takashi Okamoto, Seiji Tsurumi. Functional analysis of auxin influx carrier AUX1 in Arabidopsis roots. PLANT AND CELL PHYSIOLOGY. 2007. 48. S200-S200
  • Takashi Okamoto, Abidur Rahman, Hironori Takaji, Yutaka Oono, Seiji Tsurumi. Continuous gravitropic and mechanical stimulations enhance ethylene response rather than ethylene production in horizontally grown Arabidopsis roots. PLANT AND CELL PHYSIOLOGY. 2007. 48. S60-S60
書籍 (1件):
  • 「ニュースの科学用語これでわかった! ~180字で理解する、今さら聞けない科学と技術の基礎知識(共著)」
    技術評論社 2011
講演・口頭発表等 (12件):
  • サーモスペルミンとザイレミンを用いたシロイヌナズナ子葉の木部分化制御の解析
    (日本植物学会第82回大会 2018)
  • NEK6による微小管の張力応答の抑制はまっすぐな器官伸長に必要である
    (日本植物生理学会第59回年会 2018)
  • ヒトのH<SUP>+</SUP>-ATPaseの特異的阻害剤Omeprazoleはシロイヌナズナの根の機械的刺激感受性を高める
    (第59回日本植物生理学会年会 2018)
  • NEK6 coordinates organ growth by the regulation of microtuble sensitivity to mechanical stress
    (2018)
  • Omeprazole: a gastric H<SUP>+</SUP>-ATPase inhibitor, enhances sensitivity to mechanical stimulation in #IArabidopsis#IR roots.
    (2018)
もっと見る
学歴 (3件):
  • 1996 - 2000 神戸大学 資源生物科学専攻
  • 1994 - 1996 神戸大学 理科教育専攻
  • 1990 - 1994 東京理科大学 応用化学科
学位 (3件):
  • 博士(理学) (神戸大学)
  • 修士(教育学) (神戸大学)
  • 学士(理学) (東京理科大学)
経歴 (4件):
  • 2011 - 現在 - 岡山大学自然科学研究科 助教
  • 2009 - 2011 北海道大学理学研究院 博士研究員
  • 2004 - 2009 神戸大学研究基盤センターアイソトープ部門 大学等非常勤研究員
  • 2000 - 2004 神戸大学発達科学部 大学等非常勤研究員
所属学会 (4件):
日本植物学会 ,  日本放射線安全管理学会 ,  日本植物生理学会 ,  日本ケミカルバイオロジー学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る