研究者
J-GLOBAL ID:201301006560140389   更新日: 2020年08月02日

小端 拓郎

コバシ タクロウ | Kobashi Takuro
所属機関・部署:
職名: 特別研究員
ホームページURL (1件): http://kaken.nii.ac.jp/d/r/00527129.ja.html
研究分野 (5件): 建築計画、都市計画 ,  機械要素、トライボロジー ,  環境材料、リサイクル技術 ,  循環型社会システム ,  環境動態解析
研究キーワード (11件): EV ,  風力発電 ,  再エネポテンシャル ,  技術経済性分析 ,  太陽光発電 ,  再生エネルギー ,  グリーンランド ,  温暖化 ,  氷床コア ,  完新世 ,  気候変動
競争的資金等の研究課題 (5件):
  • 2019 - 2020 次の千年の基盤となる都市エネルギーシステムを構築するためのトランジッション戦略・協働実践研究
  • 2018 - 2019 アジアの都市における自然エネルギー100%に向けた エネルギー・トランジション政策・戦略研究
  • 2014 - 2016 Investigation of Greenland temperature variability over the 6000 years using trapped air in ice cores
  • 2013 - 2015 ドームふじコアを使った新たな気温復元手法の開発と過去4000年の東南極の気候復元
  • 2011 - 2013 新たな氷床コアガス分析手法による過去2000年の高精度グリーンランド気温変動復元
論文 (12件):
  • Kobashi, Takuro, Takahiro Yoshida, Yoshiki Yamagata, Katsuhiko Naito, Stefan Pfenninger, Kelvin Say, Yasuhiro Takeda, Amanda Ahl, Masaru Yarime, Keishiro Hara. On the potential of “Photovoltaics + Electric vehicles” for deep decarbonization of Kyoto’s power systems: Techno-economic-social considerations. Applied Energy. 2020. 275. 115419
  • Kobashi, T. T. Yoshida, K. Naito, S. Pfenninger, Y. Yamagata. Cost-optimal pathways to decarbonize urban energy systems with PV, batteries, and electric vehicles: A case study for Kyoto. Proceedings of 11th International Conference on Applied Energy, Part 2, Sweden, 2019. 2020
  • Yamagata, Y., P. P.J. Yang, S. Chang, M. B. Tobey, R. B. Binder, P. J. Fourie, P. Jittrapirom, T. Kobashi, T. Yoshida and J. Aleksejeva. Urban systems and the role of big data. Urban Systems Design. 2020. 23-58
  • Kobashi, T., Y. Yamagata, T. Yoshida, S. Chang, Y. Mochizuki, A. Ahl and J. Aleksejeva. Smart city and ICT infrastructure with vehicle to X applications toward urban decarbonization. Urban Systems Design. 2020. 289-333
  • Takuro Kobashi, Masaru Yarime. Techno-economic assessment of the residential photovoltaic systems integrated with electric vehicles: A case study of Japanese households towards 2030. Energy Procedia. 2019. 158. 3802-3807
もっと見る
MISC (2件):
  • Hideaki MOTOYAMA, Teruo FURUKAWA, Shuji FUJITA, Kunio SHINBORI, Yoichi TANAKA, Yuansheng LI, Ji-woong CHUNG, Fumio NAKAZAWA, Kotaro FUKUI, Hiroyuki ENOMOTO, Shin SUGIYAMA, Hitoshi ASANO, Yasuo TAKEDA, Motohiro HIRABAYASHI, Daisuke NISHIMURA, Takuya MASUNAGA, Takayuki KURAMOTO, Takuro KOBASHI, Ryo KUSAKA, Takeshi KINASE, Chusaku IKEDA, Toshitaka SUZUKI, Hiroshi OHNO, Yu HOSHINA, Yukiko HAYAKAWA, Takao KAMEDA. Glaciological Data Collected by the 48th-54th Japanese Antarctic Research Expeditions during 2007-2013. JARE data reports. Glaciology = JARE data reports. Glaciology. 2015. 35. 1-44
  • 東久美子, 平林幹啓, 本山秀明, 三宅隆之, 倉元隆之, 植村立, 川村賢二, PARRENIN Frederic, 鈴木香寿恵, 飯塚芳徳, 鈴木啓助, 五十嵐誠, 藤井理行, 鈴木利孝, 堀川信一郎, 河野美香, 藤田耕史, 櫻井俊光, 小端拓郎. 南極ドームふじコアの化学成分が示す過去70万年の環境変動. 極域科学シンポジウム講演予稿集(CD-ROM). 2013. 4th. ROMBUNNO.IC,GOTOAZUMAKUMIKO,1,V3
講演・口頭発表等 (8件):
  • 日本の都市における PV 、蓄電池、 EV を使った コスト最適 な 脱炭素化の道筋
    (第36回エネルギーシステム・経済・環境コンファレンス 2020)
  • Pathways to decarbonize urban energy systems with PV, batteries, and electric mobility: A case study for Kyoto, Japan
    (Applied Energy conference (ICAE) 2019)
  • 2030年に向けた京都・深圳の住宅用PV,PV+蓄電池,PV+EV(V2H)の技術経済性分析
    (第35回エネルギーシステム・経済・環境コンファレンス 2019)
  • Techno-economic assessment of the residential photovoltaic systems integrated with electric vehicles: A case study of Japanese households towards 2030
    (ICAE 2018 Hong Kong (Applied Energy) 2018)
  • Precise Holocene temperature change and its causes estimated from trapped air in Greenland ice cores
    (Goldschmidt conference 2016)
もっと見る
学歴 (3件):
  • 2001 - 2007 カリフォルニア大学サンディエゴ校 スクリプス海洋研究所 (Ph.D.)
  • 1998 - 2001 テキサスA&M大学 地学・地球物理学科(修士)
  • 1994 - 1998 北海道大学 工学部 資源開発工学科(学士)
学位 (1件):
  • Ph.D. (カリフォルニア大学サンディエゴ校スクリプス海洋研究所)
経歴 (7件):
  • 2019/04 - 現在 国立環境研究所 特別研究員
  • 2019/04 - 2020/03 総合地球環境学研究所 客員准教授
  • 2016/11 - 2019/03 自然エネルギー財団 上級研究員
  • 2014/05 - 2016/04 スイス・ベルン大学 講師・マリーキューリーフェロー
  • 2010/05 - 2014/04 国立極地研究所 特任研究員・助教
全件表示
受賞 (2件):
  • 2014/04 - 欧州委員会 マリーキューリーフェロー 過去6000年のグリーンランド気温変動の研究
  • 2002/05 - テキサスA&M大学 優秀大学院生賞
所属学会 (2件):
環境経済・政策学会 ,  エネルギー・資源学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る