研究者
J-GLOBAL ID:201301006814965693   更新日: 2020年05月30日

歌川 光一

ウタガワ コウイチ | Utagawa Koichi
所属機関・部署:
職名: 准教授
その他の所属(所属・部署名・職名) (4件):
研究分野 (3件): 教育学 ,  教育社会学 ,  美学、芸術論
競争的資金等の研究課題 (8件):
  • 2019 - 2022 近代初期日本における美術・文化愛好者の再生産過程-学校外での教習活動に着目して-
  • 2018 - 2021 社会の形成者としての資質を涵養する特別活動の積極的な生徒指導機能の実証的研究
  • 2018 - 2021 近代日本における社中を通じた邦楽の趣味縁形成過程の解明-箏・長唄を中心に-
  • 2016 - 2019 台湾における「視障按摩」の興隆を事例とした「視覚障害者文化」に関する人類学的研究
  • 2015 - 2017 戦前期中・上層女子の「音楽のたしなみ」の文化資本効果をめぐる実証研究
全件表示
論文 (39件):
  • 歌川 光一, Koichi UTAGAWA. 重兼芳子における芥川賞受賞とカルチャーセンター : 女性の教養をめぐる戦後教育史上の課題. 学苑. 2020. 952. 80-89
  • 岡邑 衛, 歌川 光一. 中学校における「総合的な学習の時間」を核としたカリキュラム・マネジメントの現状. 甲子園大学紀要. 2020. 47. 41-44
  • 中村 豊, 歌川 光一, 岡邑 衛, 鈴木 翔, Yukata NAKAMURA, Koichi Utagawa, EI OKAMURA, Sho SUZUKI. 生徒指導で育まれる社会的リテラシーに関する研究 -大学生を対象とした予備調査からー. 東京理科大学教職教育研究. 2019. 4. 23-29
  • 歌川 光一, Koichi Utagawa. 中学校道徳教科書の読み物にみる友情のジェンダー表象. 女性文化研究所紀要. 2019. 46. 97-105
  • 歌川 光一, 鶴田 麻也美. 教員の職務内容理解の導入として教育課程編成の意義を扱うワーク活動の提案 : 分数除法の意味理解を促す算数科の授業づくりを題材として. 学苑. 2019. 941. 89-96
もっと見る
書籍 (18件):
  • キーワードで拓く新しい特別活動 : 平成29年版・30年版学習指導要領対応
    東洋館出版社 2019 ISBN:9784491036793
  • 教育課程
    ミネルヴァ書房 2019 ISBN:9784623084869
  • 実践に役立つ教職概論 : 教職before & after
    大学図書出版 2019 ISBN:9784909655035
  • 『生徒指導提要』の現在 (いま) を確認する理解する
    学事出版 2019 ISBN:9784761925475
  • 女子のたしなみと日本近代 : 音楽文化にみる「趣味」の受容
    勁草書房 2019 ISBN:9784326654192
もっと見る
学歴 (5件):
  • - 2016 東京大学大学院
  • 2010 - 2013 東京大学大学院
  • 2008 - 2010 東京大学大学院
  • 2004 - 2008 京都大学
  • - 2004 早稲田高等学校(卒業)
学位 (1件):
  • 博士(教育学) (東京大学)
経歴 (13件):
  • 2020/04 - 現在 昭和女子大学 女性文化研究所 研究員
  • 2020/04 - 現在 昭和女子大学 現代教育研究所 客員研究員
  • 2020/04 - 現在 昭和女子大学 人間社会学部初等教育学科 非常勤講師
  • 2020/04 - 現在 聖路加国際大学大学院 看護学研究科 准教授
  • 2018/04 - 現在 東京理科大学 理学部第一部 講師(非常勤)
全件表示
受賞 (2件):
  • 2020/05 - 昭和女子大学女性文化研究所 第12回女性文化研究奨励賞 『女子のたしなみと日本近代-音楽文化にみる「趣味」の受容-』(勁草書房、2019年)
  • 2019/10 - 余暇ツーリズム学会 2019年度余暇ツーリズム学会賞(学術部門表彰) 『女子のたしなみと日本近代-音楽文化にみる「趣味」の受容-』(勁草書房、2019年)
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る