研究者
J-GLOBAL ID:201301007404039704   更新日: 2021年10月23日

小野 裕一

オノ ユウイチ | Ono Yuichi
所属機関・部署:
職名: 教授
その他の所属(所属・部署名・職名) (1件):
  • 東北大学  京都大学防災研究所 水資源環境研究センター 客員教授
ホームページURL (2件): https://irides.tohoku.ac.jp/organization/practical/2030.htmlhttps://irides.tohoku.ac.jp/eng/organization/practical/
研究分野 (2件): 防災工学 ,  地理学
研究キーワード (6件): 早期警報システム ,  竜巻災害 ,  国際防災政策 ,  台風 ,  防災 ,  災害
競争的資金等の研究課題 (2件):
  • 2016 - 2021 東日本大震災からの経済復興・産業再生における政策ツールの有効性評価
  • 2016 - 2019 「災害統計の整備」を事例とした国際規範の成立と国内的受容の新仮説の構築
論文 (17件):
書籍 (12件):
  • 第1回世界防災フォーラムから 『BOSAI』の知見を世界に発信 (特集 震災7年、心・人間・経済の復興加速)
    公明党機関紙委員会 2018
  • 手記 「防災先進国・日本」をめざして。 (震災六年 : 復興の針路。)
    潮出版社、潮 (674) 2017
  • 対談 東日本大震災から5年 「創造的復興」で東北を地方創生のモデルに : 日本の技術や経験で世界の防災・減災に貢献を (特集 3・11 : 集中期間後こその「心の復興」)
    公明党機関紙委員会 2016
  • 仙台防災枠組における目標設定までの道のり, 用語・指標設定の現状, および災害統計グローバルセンターについて
    公益財団法人日本学術協力財団 2016
  • 第三回国連防災世界会議で得られたもの 強い決意で大幅な災害リスクの削減を目標に
    公明党機関紙委員会、公明 (115) 2015
もっと見る
講演・口頭発表等 (2件):
  • Recent Progress of the Global Centre for Disaster Statistics (GCDS)
    (世界防災フォーラム/防災ダボス会議 @仙台2019 2019)
  • Measurement of disaster damage utilizing disaster statistics: A case study analyzing the data of Indonesia
    (4th Global Summit of Research Institutes for Disaster Risk Reduction 2019)
学歴 (2件):
  • 1989 - 2001 ケントステイト大学大学院
  • 1985 - 1989 宇都宮大学
学位 (1件):
  • 博士 (米国ケントステイト大学)
経歴 (8件):
  • 2012/11 - 現在 東北大学災害科学国際研究所 2030国際防災アジェンダ推進オフィス 教授
  • 2014/03 - 2016/03 京都大学防災研究所 水資源環境センター 客員教授
  • 2009/10 - 2012/10 国連アジア太平洋経済社会委員会 本部 防災課課長
  • 2007/06 - 2009/09 国連国際防災戦略事務局 本部 プログラム・オフィサー
  • 2004/06 - 2007/06 国連国際防災戦略事務局 早期警戒事務所 所長補
全件表示
委員歴 (6件):
  • 2018/04 - 現在 国立研究開発法人 科学技術振興機構(SATREPS) 地球規模課題対応国際科学技術協力プログラム防災分野評価会
  • 2013/06 - 現在 日本学術会議 土木工学・建築学委員会IRDR分科会
  • 2018/05 - 2020世界災害語り継ぎフォーラム 2020世界災害語り継ぎフォーラム実行委員会
  • 2018/04 - 日本学術会議 科学技術を生かした防災・減災に政策の国際的展開に関する検討委員会
  • 2014/04 - 日本学術会議 国際委員会防災・減災に関する国際研究のための東京会議分科会
全件表示
所属学会 (4件):
地域安全学会 ,  日本風工学会 ,  アメリカ地理学会 ,  日本地理学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る