研究者
J-GLOBAL ID:201301009142996233   更新日: 2020年01月16日

孫 斉庸

ソン ジェヨン | SOHN Jeyong
所属機関・部署:
職名: 准教授
その他の所属(所属・部署名・職名) (1件):
  • 法学研究科  法学政治学専攻博士課程前期課程   准教授
論文 (2件):
  • 谷口 将紀,梅田 道生,孫 斉庸,三輪 洋文. 2012年衆院選・2013年参院選-民主党票はどこに消えたのか. 世界. 2013. 849. 220-229
  • 孫 斉庸. ポスト保革イデオロギー時代における日本政治の対立軸-「保革溶解」の逸脱事例としての沖縄を中心に-. 国家学会雑誌. 2007. 120. 9-10. 720-786
MISC (5件):
  • 孫 斉庸. 書評 Kato, Junko, Regressive Taxation and the Welfare State: Path Dependence and Policy Diffusion (Cambridge University Press, 2003). 日本政治研究. 2006. 3. 2. 341-344
  • 孫 斉庸. 書評 Horiuchi, Yusaku, Institutions, Incentives and Electoral Participation in Japan: Cross-Level and Cross-National Perspectives (London and New York: Routledge, 2005). 国家学会雑誌. 2009. 122. 1-2. 292-295
  • 孫 斉庸. 書評 Rosenbluth, Frances M. & Michael F. Thies, Japan Transformed: Political Change and Economic Restructuring (Princeton: Princeton University Press, 2010). 国家学会雑誌. 2012. 125. 7-8. 401-403
  • 孫 斉庸. 書評 Hino, Airo, New Challenger Parties in Western Europe: A comparative analysis (London: Routledge, 2012). 選挙研究. 2012. 28. 2. 134-135
  • Catrina Schläger and Judith Christ ed. Intra-Party Management of Japan’s LDP. Modern Political Party Management - What Can Be Learned from International Practices?. 2014
講演・口頭発表等 (4件):
  • 野党所属議員の議会活動におけるインセンティヴ構造
    (2008年度日本政治学会研究大会 2008)
  • 政治資金問題をめぐる政党間競争と制度改革のメカニズム
    (2010年度日本政治学会研究大会 2010)
  • 政治資金制度における「規制レベル」の多様性をもたらす要因
    (2012年度日本選挙学会研究大会 2012)
  • 候補者の政策選好とキャンペーン戦略
    (2013年度日本選挙学会研究大会 2013)
学歴 (3件):
  • - 2001 ソウル大学(Seoul National University) 外交学科
  • - 2007 東京大学 法学政治学研究科 総合法政
  • - 2013 東京大学 法学政治学研究科 総合法政
学位 (2件):
  • 博士(法学) (東京大学)
  • 修士(法学) (東京大学)
経歴 (4件):
  • 2011/10/01 - 2013/08/31 東京大学大学院法学政治学研究科 特任研究員
  • 2013/09/01 - 現在 立教大学 准教授
  • 2013/09/01 - 現在 立教大学 准教授
  • 2013/09/01 - 現在 立教大学 准教授
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る