研究者
J-GLOBAL ID:201301009276949665   更新日: 2020年10月19日

李 陽

リ ヤン | Li Yang
所属機関・部署:
職名: 准教授
ホームページURL (2件): http://sakiyama-lab.jp/member/liyang/http://sakiyama-lab.jp/member/liyang/
研究分野 (1件): 情報セキュリティ
競争的資金等の研究課題 (2件):
  • 2018 - 2018 General and Efficient Masking Strategy for Fixed Secret Value Against Side-Channel Attacks
  • 2018 - 2018 General and Efficient Masking Strategy for Fixed Secret Value Against Side-Channel Attacks
論文 (47件):
  • Yang Li, Ryota Hatano, Sho Tada, Kohei Matsuda, Noriyuki Miura, Takeshi Sugawara, Kazuo Sakiyama. Side-Channel Leakage of Alarm Signal for a Bulk-Current-Based Laser Sensor. In Proc. International Conference on Information Security and Cryptology (Inscrypt’19). 2019. LNCS 12020
  • Akiko Toh, Yang Li, Kazuo Sakiyama, Takeshi Sugawara. Fingerprinting Light Emitting Diodes Using Spectrometer. IET Electronics Letters. 2019. ?. ?. ?-?
  • Muhammad Salman, Yang Li, Jian Wang. A Graphical PIN Entry System with Shoulder Surfing Resistance. 2019 IEEE 4th International Conference on Signal and Image Processing. 2019. 203-207
  • Takeshi Sugawara, Yang Li, Kazuo Sakiyama. Probing Attack of Share-Serial Threshold Implementation of AES. IET Electronics Letters. 2019. 55. 9. 517-519
  • Jingyi Feng, Hua Chen, Yang Li, Zhipeng Jiao, Wei Xi. A Framework for Evaluation and Analysis on Infection Countermeasures Against Fault Attacks. IEEE Transactions on Information Forensics and Security. 2019. 2020. 15. 391-406
もっと見る
特許 (2件):
  • 認証システム及び認証方法
  • 電源遮断時間判定装置及び無線タグ
書籍 (3件):
  • 暗号ハードウェアのセキュリティ
    コロナ社 2019
  • Security of Block Ciphers: From Algorithm Design to Hardware Implementation
    Wiley 2015 ISBN:9781118660010
  • Fault Injection and Key Retrieval Experiments on Evaluation Board: Chapter in Marc Joye and Michael Tunstall editors, Fault Analysis in Cryptography
    Springer 2012
講演・口頭発表等 (56件):
  • レーザー検知回路から漏洩するサイドチャネル情報の考察
    (2020年暗号と情報セキュリティシンポジウム (SCIS2020) 2020)
  • AESへの5ラウンドの物理攻撃の可能性の考察
    (2020年暗号と情報セキュリティシンポジウム (SCIS2020) 2020)
  • 無線通信から収集した電磁波を用いたテンプレート攻撃研究
    (2020年暗号と情報セキュリティシンポジウム (SCIS2020) 2020)
  • FPGAを用いた秘匿アクセラレーションの実装評価
    (2020年暗号と情報セキュリティシンポジウム (SCIS2020) 2020)
  • 調光機能のある LEDの個体識別
    (2020年暗号と情報セキュリティシンポジウム (SCIS2020) 2020)
もっと見る
学歴 (4件):
  • 2011 - 2012 電気通信大学大学院 総合情報学専攻
  • 2009 - 2011 電気通信大学大学院 情報通信工学専攻
  • 2004 - 2008 ハルビン工程大学
  • 2001 - 2004 鎮江市第一高校
学位 (6件):
  • 学士(工学) (ハルビン工程大学)
  • Bachelor (Harbin Engineering University)
  • 修士(工学) (電気通信大学)
  • Master (The University of Electro-Communications)
  • 博士(工学) (電気通信大学)
全件表示
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る