研究者
J-GLOBAL ID:201301010082184100   更新日: 2020年07月12日

野口 太郎

ノグチ タロウ | Taro Noguchi
所属機関・部署:
職名: 准教授
ホームページURL (1件): http://kaken.nii.ac.jp/d/r/90615866.ja.html
研究分野 (5件): 細胞生物学 ,  機能生物化学 ,  構造生物化学 ,  分子生物学 ,  生物物理学
研究キーワード (4件): 変異 ,  蛋白質発現 ,  分子構造変化 ,  アクチン
競争的資金等の研究課題 (7件):
  • 2019 - 2022 自活線虫とバチルスが切り拓く病害虫防除の新たな可能性-生物農薬技術革新を目指して
  • 2019 - 2022 アクチン分子構造の力学応答によるアクチン結合タンパク質の親和性変化の解析
  • 2016 - 2018 細胞内アクチンのメカノセンサーとしての機能検証
  • 2012 - 2017 アメーバ運動を統御するアクチン構造多型マシナリー
  • 2013 - 2015 細胞内におけるアクチン構造多型の検出とその生理的意義の解明
全件表示
論文 (12件):
  • Lin X, Galaqin N, Tainaka R, Shimamori K, Kuragano M, Noguchi TQP, Tokuraku K. Real-Time 3D Imaging and Inhibition Analysis of Various Amyloid Aggregations Using Quantum Dots. International Journal of Molecular Sciences. 2020. 21. 6
  • Umeki N, Shibata K, Noguchi TQP, Hirose K, Sako Y, Uyeda TQP. K336I mutant actin alters the structure of neighbouring protomers in filaments and reduces affinity for actin-binding proteins. Scientific reports. 2019. 9. (1). 5353
  • Kien Xuan Ngo, Nobuhisa Umeki, Saku T. Kijima, Noriyuki Kodera, Hiroaki Ueno, Nozomi Furutani-Umezu, Jun Nakajima, Taro Q. P. Noguchi, Akira Nagasaki, Kiyotaka Tokuraku, et al. Allosteric regulation by cooperative conformational changes of actin filaments drives mutually exclusive binding with cofilin and myosin. SCIENTIFIC REPORTS. 2016. 6. 35449
  • Taro Q. P. Noguchi, Masatoshi Morimatsu, Atsuko H. Iwane, Toshio Yanagida, Taro Q. P. Uyeda. The Role of Structural Dynamics of Actin in Class-Specific Myosin Motility. PLOS ONE. 2015. 10. 5. e0126262
  • Nanami Shiozaki, Kentaro Nakano, Yasuharu Kushida, Taro Q. P. Noguchi, Taro Q. P. Uyeda, Dorota Wloga, Drashti Dave, Krishna Kumar Vasudevan, Jacek Gaertig, Osamu Numata. ADF/Cofilin Is Not Essential but Is Critically Important for Actin Activities during Phagocytosis in Tetrahymena thermophila. EUKARYOTIC CELL. 2013. 12. 8. 1080-1086
もっと見る
MISC (6件):
  • Taro Q. P. Noguchi, Masatoshi Morimatsu, Tomotaka Komori, Atsuko H. Iwane, Toshio Yanagida, Taro Q. P. Uyeda. G146V Mutant Actin is Defective in Conformational Changes, Accompanied by Impaired Motility with Skeletal Myosin. BIOPHYSICAL JOURNAL. 2010. 98. 3. 158A-158A
  • 野口 太郎, 松島 一幸, 小谷 享, 徳楽 清孝. 1P175 MAP4 isoformがキネシンの運動に与える影響とその生理的役割(分子モーター)). 生物物理. 2005. 45. 0. S75
  • 徳楽 清孝, 野口 太郎, 西江 真希子, 松島 一幸, 小谷 享. 2P189 微小管系超分子構造体におけるMAP2/MAP4/tauスーパーファミリーの機能(分子モーター)). 生物物理. 2005. 45. 0. S167
  • 西江 真希子, 野口 太郎, 松島 一幸, 小谷 享, 徳楽 清孝. 3P187 MAP4 isoformとキネシンの結合解析(分子モーター)). 生物物理. 2005. 45. 0. S250
  • 野口 太郎, 松島 一幸, 小谷 享, 徳楽 清孝. 3P172 微小管-キネシン間の運動速度を制御するMAP4アイソフォーム(分子モーター). 生物物理. 2004. 44. 0. S232
もっと見る
特許 (2件):
学歴 (2件):
  • 2005 - 2010 筑波大学
  • 2003 - 2005 都城工業高等専門学校
学位 (1件):
  • 博士(理学) (筑波大学)
経歴 (4件):
  • 2017/10 - 現在 都城工業高等専門学校 物質工学科 准教授
  • 2014/10 - 2017/09 都城工業高等専門学校 物質工学科 講師
  • 2011/04 - 2014/09 都城工業高等専門学校 物質工学科 助教
  • 2010/04 - 2011/03 産業技術総合研究所 外部研究員(PD)
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る