研究者
J-GLOBAL ID:201301010257987910   更新日: 2024年06月15日

佐藤 邦政

サトウ クニマサ | Sato Kunimasa
所属機関・部署:
職名: 講師
ホームページURL (2件): https://cocreco.kodansha.co.jp/profile/supervisor/bfJjBhttps://www.epistemicinjusticebehindthoughts.com
研究分野 (2件): 教育学 ,  哲学、倫理学
研究キーワード (5件): 認識的不正義 ,  信念の道徳性 ,  変容的経験論 ,  無知/無視の認識論 ,  非理想的な教育認識論
競争的資金等の研究課題 (13件):
  • 2023 - 2027 認識的なアイデンティティ形成を阻害する認識的不正義とその是正
  • 2020 - 2024 哲学、教育哲学、教育実践を架橋した共同研究による新たな徳認識論の理論の構築
  • 2023 - 修復的な認識的正義を実現するための、変容的な自己と参加型コモンズにかんする研究
  • 2019 - 2023 認識的不正義の悪の諸理由と認識的行為者の責任に関する研究
  • 2017 - 2023 高齢・障害者の雇用政策・差別禁止法の効果研究:組織における人間行動の影響への着目
全件表示
論文 (30件):
  • Kunimasa Sato. Review: Philosophy of Education in Dialogue between East and West: Japanese Insights and Perspectives. Educational Studies in Japan. 2024. 18. 219-221
  • 松本 大輝, 佐藤 邦政. 教師の子どもへの証言的裏切り- 不正義に抵抗する教師の徳に向けた予備的考察 -. 茨城大学教育学部紀要(人文・社会科学・芸術). 2024. 73. 19-31
  • Kunimasa Sato, Ben Kotzee. Testimonial Justice and the Voluntarism Problem: The Virtue of Just Acceptance. Journal of Philosophy of Education. 2023
  • 佐藤邦政. 証言的不正義、認識的不運、変容的責任:不協和の徳としての認識的責任. 社会と倫理. 2023. 38. 111-125
  • 佐藤邦政. 証言的正義の徳から変容的な徳へ. 科学哲学会. 2023. 56. 1. 37-57
もっと見る
MISC (14件):
  • 佐藤邦政. 問いづくりと現代社会:探究的正義?. 科学哲学Newsletter59号. 2023
  • 三澤絋一郎、立花幸司、佐藤邦政. 徳と教育. 教育哲学研究. 2022. 125. 100-107
  • 佐藤邦政. 問いから生まれる学び. 同朋新聞. 2022. 770. 2-3
  • 佐藤邦政. フェミニスト認識論研究書の紹介. フィルカル(特集 分析フェミニズムの歩き方). 2020. 5. 3
  • 村川 庸子, 山本 健, 田口 功, 佐藤 佳子, 佐藤 邦政, 大月 隆成, 上野 裕子, 猪股 桂二, 高橋 修, Yoko Murakawa, et al. 総合地域研究所 平成30年度「共同研究」報告 佐倉市のインバウンド観光客誘致の為のコンテンツ作りと発信を通した研究・教育・地域貢献の体系化を目指して. 敬愛大学総合地域研究 : 敬愛大学総合地域研究所紀要 = Comprehensive area studies : annual bulletin of the Keiai Institute for Area Studies. 2019. 9. 69-78
もっと見る
書籍 (13件):
  • イラスト学問図鑑 こども哲学
    講談社 2024 ISBN:4065346592
  • Epistemology of Education
    The Blackwell Companion to Epistemology 2023
  • 徳の教育と哲学ー理論から実践、そして応用までー
    東洋館出版社 2023 ISBN:4491053782
  • 認識的不正義 : 権力は知ることの倫理にどのようにかかわるのか
    勁草書房 2023 ISBN:9784326103188
  • Gert J. J. Biesta著『教育にこだわるということ:学校と社会をつなぎ直す』. 担当「第3章 世界に精通するようになること:レトリックのカリキュラムを教育的観点から検討する」
    東京大学出版会 2021 ISBN:9784130513616
もっと見る
講演・口頭発表等 (24件):
  • Institutional Testimonial Injustice
    (Epistemology@Shibaura! 2024)
  • ナラティブとしての記憶証言の伝承と証言的不正義
    (ワークショップ「記憶の哲学の展開」(櫻木新、平井靖史、佐藤邦政) 2024)
  • Doxastic Transformation and Transformative Experiences That Cause Epistemic Conversions
    (4th International Colloquium in ContemporaryPhilosophy and Culture 2024)
  • Normative Ignorance and Epistemic Injustice
    (Knowledge, Rationality, and Defeat 2023)
  • 証言的不正義、認識的不運、変容的責任
    (2022年度第1回南山大学社会倫理研究所談話会 2023)
もっと見る
学歴 (6件):
  • 2014 - 2015 日本大学 文学研究科 哲学専攻
  • 2014 - 2015 日本大学大学院 文学研究科博士後期課程 哲学専攻 修了
  • 2008 - 2011 日本大学 文学研究科 哲学専攻
  • 2007 - 2008 東京大学 教育学研究科 総合教育科学専攻
  • 2005 - 2007 東京大学 教育学研究科 総合教育科学専攻
全件表示
学位 (3件):
  • 学士 (東京大学)
  • 修士 (東京大学)
  • 博士 (日本大学)
経歴 (8件):
  • 2023/07 - 現在 文部科学省TRiSTAR(大学×国研×企業連携によるトップランナー育成プログラム)プリフェロー
  • 2021/04 - 現在 敬愛大学 国際学部 非常勤講師
  • 2021/04 - 現在 明治大学 文学部 兼任講師
  • 2018/04 - 現在 上智大学 総合人間科学部 非常勤講師
  • 2021/04 - 2024/03 茨城大学 教育学研究科、教育学部 助教
全件表示
委員歴 (1件):
  • 2019/12 - 現在 教育哲学会 国際交流委員
所属学会 (7件):
教育哲学会 ,  International Network of Philosophers of Education ,  日本倫理学会 ,  日本哲学会 ,  応用哲学会 ,  ALPE(Asian Link of Philosophy of Education) ,  中央教育研究所(英語教育研究部会)
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る