研究者
J-GLOBAL ID:201301010358439337   更新日: 2020年12月04日

政池 知子

マサイケ トモコ | Masaike Tomoko
所属機関・部署:
職名: 准教授
研究分野 (2件): 分子生物学 ,  細胞生物学
研究キーワード (13件): 9+2構造 ,  気管繊毛 ,  光学顕微鏡開発 ,  粘液繊毛輸送 ,  ATP ,  1分子と多分子の測定による蛋白質の分子メカニズムの解明 ,  3次元位置検出 ,  1分子計測 ,  微小管 ,  繊毛運動 ,  リン酸結合タンパク ,  モータータンパク質 ,  ヌクレオチド加水分解
競争的資金等の研究課題 (7件):
  • 2016 - 2020 マイクロチャンバーを用いて解明する微小管の動的不安定性
  • 2013 - 2015 光学顕微鏡技術を駆使した単一シリアの動きと力の高精度測定
  • 2012 - 2014 リン酸結合蛋白の微小溶液チャンバーによる、少数個蛋白質からのリン酸検出系の構築
  • 2010 - 2011 高速偏光変調顕微鏡によるF1-ATPaseの構造変化と化学反応の同時観測
  • 2006 - 2010 3次元を検出する新しい原理の光学顕微鏡で解明する膜超分子モーターの作動原理
全件表示
論文 (19件):
MISC (67件):
もっと見る
特許 (1件):
書籍 (1件):
  • 1分子生物学
    化学同人 2014 ISBN:9784759815184
講演・口頭発表等 (47件):
  • マウス気管繊毛運動による微粒子排出機構の解明
    (ヒト疾患モデル研究センター研究発表会 2020)
  • Observation of ciliary motility of murine trachea and epithelial transport of chitin involved in the development of asthma,マウス気管の繊毛運動による喘息原因物質キチンの輸送
    (第58回 日本生物物理学会年会 2020)
  • Motility of murine tracheal cilia modulated by ADP, ADPにより調節されるマウス気管繊毛の運動活性
    (第58回 日本生物物理学会年会 2020)
  • マウス気管繊毛の形状と集合形態が液流形成に与える影響 (最優秀ポスター賞受賞)
    (2019年度 東京理科大学・イメージングフロンティアセンター・シンポジウム 2019)
  • 物理的な制約のある極小空間における微小管の動的不安定性 (優秀ポスター賞受賞)
    (2019年度 東京理科大学・イメージングフロンティアセンター・シンポジウム 2019)
もっと見る
学位 (3件):
  • 修士(化学) (University of Cambridge)
  • 修士(理学) (東京工業大学)
  • 博士(理学) (東京工業大学)
受賞 (2件):
  • 2012/06 - 資生堂 第5回 資生堂女性研究者サイエンスグラント
  • 2008/12 - 日本生物物理学会 第4回若手奨励賞 受賞 F1-ATPaseをモデルとした1分子構造変化検出による酵素機能発現の理解
所属学会 (1件):
日本生物物理学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る