研究者
J-GLOBAL ID:201301010666147940   更新日: 2021年03月02日

野中 美津枝

ノナカ ミツエ | Nonaka Mitsue
所属機関・部署:
職名: 教授
研究分野 (2件): 教科教育学、初等中等教育学 ,  家政学、生活科学
研究キーワード (1件): 家庭科教育、消費者教育、食教育、授業研究
競争的資金等の研究課題 (3件):
  • 2018 - 2021 生活課題解決能力を育成する授業改善に関する実証研究
  • 2018 - 2019 生活課題解決能力を育成する授業デザインの実証的研究ー授業評価・改善に関するモデルー
  • 2014 - 2018 生活課題解決能力を育成する授業デザインと授業評価
論文 (20件):
  • 野中美津枝, 鈴木真由子, 鈴木民子, 荒井紀子, 小川裕子, 河野公子, 財津庸子, 高木幸子, 中西雪夫, 日景弥生, et al. 学会特別研究委員会報告論文「家庭生活に関わる意識や高等学校家庭科に関する全国調査」シリーズ3 -家庭科の意義・役割や生活実態を探る高校生調査および全国調査の総括-. 日本家庭科教育学会誌. 2018. 61. 3. 164-171
  • 野中美津枝, 高﨑 昌己. 消費者市民を育成する「すごろく」の開発と授業実践. 日本消費者教育学会「消費者教育」第38冊. 2018. 79-88
  • 高木幸子, 小川裕子, 中西雪夫, 財津庸子, 荒井紀子, 河野公子, 鈴木民子, 鈴木真由子, 野中美津枝, 日景弥生, et al. 学会特別研究委員会報告論文「家庭生活に関わる意識や高等学校家庭科に関する全国調査」シリーズ2 -全国調査の趣旨および高等学校家庭科男女必修の成果と課題を探る社会人調査(自由記述分析)-. 日本家庭科教育学会誌. 2018. 61. 2. 106-113
  • 野中美津枝, 亀井佑子, 新山みつえ, 荒井きよみ, 荒井智子, 石島恵美子, 真田智恵子, 高橋礼子, 吉野淳子. 東京都立高等学校家庭科における班別学習(少人数編成授業)の経緯と実態調査. 日本家庭科教育学会誌. 2018. 61. 1. 12-22
  • 藤田昌子, 日景弥生, 河野公子, 荒井紀子, 小川裕子, 財津庸子, 鈴木民子, 鈴木真由子, 高木幸子, 中西雪夫, et al. 学会特別研究委員会報告論文「家庭生活に関わる意識や高等学校家庭科に関する全国調査」シリーズ1 -全国調査の趣旨および高等学校家庭科男女必修の成果と課題を探る社会人調査(数量的データ分析)-. 日本家庭科教育学会誌. 2018. 61. 1. 37-45
もっと見る
MISC (11件):
  • 生活課題解決能力を育成する授業づくり. 家庭科 令和元年度3号. 2019. 3. 18-21
  • 野中美津枝. 「消費者市民」を育成するための教材開発と授業設計. 中学校技術・家庭版機関誌「技家Navi」. 2017. 2. 12-13
  • 野中美津枝, 増子律子. 家庭科における小中連携のための実態調査-小学生中学生の衣生活・住生活と家庭科の指導の状況-. 茨城大学教育実践研究. 2016. 35. 145-155
  • 野中美津枝, 田中菜帆, 中山香里. 小学校家庭科「ミシン縫い」におけるデジタル教材の効果. 茨城大学教育実践研究. 2015. 34. 59-68
  • 高校生における食育と食生活の授業づくり. 家庭科通信. 2013. 51. 3-7
もっと見る
書籍 (13件):
  • 新しい消費者教育ーこれからの消費生活を考えるー第2版
    慶應義塾大学出版会 2019 ISBN:9784766426335
  • 未来の生活をつくる:家庭科で育む生活リテラシー
    明治図書 2019 ISBN:9784180624249
  • 生活課題解決能力を育成する授業デザインの実証的研究-授業評価・改善に関するモデル
    福村出版 2019 ISBN:9784571101878
  • 小学校家庭科教育法
    建帛社 2018 ISBN:9784767921143
  • 新しい消費者教育-これからの消費生活を考える-
    慶應義塾大学出版会 2016
もっと見る
講演・口頭発表等 (31件):
  • 高校家庭科の学力(資質・能力)の育成状況に関する調査・実証研究
    (日本家庭科教育学会2019年度例会課題研究中間報告会 2019)
  • Outcomes and challenges of Japan's high school compulsory home economics: Insights from National-scale surveys conducted by JAHEE
    (ARAHE Congress 2019 2019)
  • 「高校生の生活リテラシーの状況と家庭科で育成する生活リテラシーの検討」
    (日本家庭科教育学会2018年度例会シンポジウム 2018)
  • ロールプレイングを導入した知識構成型ジグソー法の高校家庭科授業の開発
    (日本家庭科教育学会2018年度例会 2018)
  • ラウンドテーブル「家庭科における主体的・対話的で深い学びの実現に向けた授業改善」-「ロールプレイングを導入した知識構成型ジグソー法」の家庭科授業の開発-
    (日本家庭科教育学会第61回大会ラウンドテーブル 2018)
もっと見る
学歴 (5件):
  • 2014 - 2017 日本女子大学 教育学専攻
  • 1999 - 2001 千葉大学 家政教育専攻
  • 1999 - 2001 千葉大学 家政教育専攻
  • 1993 - 1994 国立公衆衛生院 保健コース
  • 1979 - 1983 山口県立大学(山口女子大学) 食物栄養学科
学位 (2件):
  • 教育学修士 (千葉大学)
  • 博士(教育学) (日本女子大学)
経歴 (10件):
  • 2017/04/01 - 茨城大学教育学部・教授
  • 2013/04/01 - 2017/03/31 茨城大学教育学部・准教授
  • 2010/12/01 - 2013/03/31 愛媛大学教育学部・准教授
  • 2009/04/01 - 2010/11/30 愛媛大学教育学部・講師
  • 2008/04/01 - 2009/03/31 九州女子大学家政学部人間生活学科・准教授
全件表示
委員歴 (9件):
  • 2014/07 - 2019/07 日本家庭科教育学会 日本家庭科教育学会誌編集委員
  • 2015/06/28 - 2019/06/30 日本家庭科教育学会 理事
  • 2016/06/01 - 2019/06/29 大学家庭科教育研究会 会計
  • 2017/08/01 - 2018/07/31 日本家庭科教育学会関東地区会 会長
  • 2014 - 2018/03 大学家庭科教育研究会 編集委員
全件表示
所属学会 (6件):
日本家庭科教育学会 ,  日本家政学会 ,  日本消費者教育学会 ,  大学家庭科教育研究会 ,  日本教育工学会 ,  日本教科教育学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る