研究者
J-GLOBAL ID:201301011207082778   更新日: 2019年12月21日

逸見 シャンタール

ヘンミ シャンタール | Hemmi Chantal
所属機関・部署:
職名: 准教授
研究分野 (1件): 教育学
研究キーワード (2件): クリルにおける教師教育 ,  CLIL 教材研究
競争的資金等の研究課題 (1件):
  • 2016 - 2018 小・中・高等学校の英語における内容言語統合型学習の教材開発に関する実践的研究
論文 (11件):
  • 佐藤敬典, 逸見シャンタール. CLILにおけるスピーキングとライティングスキルの開発. Lingua. 2019. 29. 153-160
  • 逸見シャンタール、池田真、深澤英美、Lisa Farbrother, Tong Zhang. Symposium for CLIL in a Plurilingual Community of Practice. Lingua. 2018. 28. 143-146
  • Sasajima, S. Ikeda, M. Hemmi, C. Reilly, T. J023 Current Practices and Future Perspectives of Content and Language Integrated Learning (CLIL) in Japan(CHALLENGES FOR TERTIARY ENGLISH EDUCATION-JACET's Role in the next Fifty Years). JACET全国大会要綱. 2011. 50. 45-45
  • Chantal Hemmi. Perceptions of intelligibility in global Englishes used in a formal context. Speak Out IATEFL Special Interest Group Newsletter. 2010. 43. 13-15
  • Hemmi, C. E-learning and the power of dialogic imagination. IATEFL Voices. 2009. 206
もっと見る
MISC (2件):
  • Chantal Hemmi, Satomi Fujii, Philip Patrick, Graham Mackenzie, Miki Shrosbree, Natalie Close, Vincent Petrin. Symposium for CLIL in a Japanese Tertiary Education Context シンポジウム報告書. Lingua. 2016. 27. 181-197
  • Chantal Hemmi. The yellow card game. English Teaching Professional. 2007. 52
書籍 (4件):
  • 『CLIL新しい発想の授業 : 理科や歴史を外国語で教える!?』 「How to make welshcakes」
    三修社 2011 ISBN:978-4-384-05667-9
  • 『Multiple perspectives on the self in SLA』 (Second language acquisition, 73) 「Dual identities perceived by bilinguals 」
    Multilingual Matters 2014 ISBN:978-1-78309-135-5
  • CLIL内容言語統合型学習 上智大学外国語教育の新たなる挑戦第3巻「授業と教材」
    pp.95-101 2016
  • 授業を活性化するための70のレシピ
    弘学社 2017 ISBN:978-4-86638-007-0
講演・口頭発表等 (13件):
  • CLIL Teacher Development Workshop for Junior and Senior High School Teachers
    (2015)
  • Application of CLIL in Japanese Contexts (パネルデイススカッション) LETメデイア学会
    (2016)
  • CLILで学ぶ参加型の授業 高知県 エンパワーメントセミナー
    (2016)
  • 小学校英語公開セミナー2017「対話的な深い学びを目指して」 白百合女子大学 「CLILの基本理念について」
    (2017)
  • 「CLILの授業での対話的な学び」
    (Be the Teacher Inspiring students to find their own voice in English 2018)
もっと見る
学位 (4件):
  • 準学士 (恵泉女学園短期大学)
  • 学士 (東京女子大学)
  • 修士 (レディング大学)
  • 博士 (エクセター大学)
所属学会 (2件):
日英協会 ,  日本アジア協会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る