研究者
J-GLOBAL ID:201301012039291621   更新日: 2021年06月18日

西本 健太郎

ニシモト ケンタロウ | Nishimoto Kentaro
所属機関・部署:
職名: 教授
研究分野 (1件): 国際法学
研究キーワード (2件): 海洋法 ,  国際法
論文 (24件):
  • 西本健太郎. BBNJの保全と持続可能な利用における隣接沿岸国の地位. 坂元茂樹・薬師寺公夫・植木俊哉・西本健太郎編『国家管轄権外区域に関する海洋法の新展開』. 2021. 235-258
  • The Obligation of Self-Restraint in Undelimited Maritime Areas. Japan Review. 2019. 3. 1. 28-38
  • 西本 健太郎. 境界未画定海域における自制義務. 国際問題. 2018. 674. 16-25
  • 西本 健太郎. 延長大陸棚の境界画定. 東北ローレビュー. 2018. 5. 1-20
  • Kentaro Nishimoto. The Rights and Interests of Japan in regard to Arctic Shipping. Robert C. Beckman et al. (eds.), Governance of Arctic Shipping: Balancing Rights and Interests of Arctic States and User States (Brill). 2017. 357-378
もっと見る
MISC (7件):
  • 西本健太郎. 国際法-世界につながる少し変わった法. 法学教室 別冊付録. 2021. 487. 50-53
  • 西本 健太郎. 公海. 法学教室. 2019. 471. 4-6
  • 西本 健太郎. BBNJの保全と持続可能な利用に関する議論の進展. 海洋白書2018. 2018. 19-23
  • 西本 健太郎. Japan's Act of 2017 on Research Whaling. Asia-Pacific Journal of Ocean Law and Policy. 2018. 3. 126-131
  • 西本健太郎. 南シナ海仲裁. 平成28年重要判例解説. 2017. 304-306
もっと見る
書籍 (4件):
  • 国家管轄権外区域に関する海洋法の新展開
    有信堂高文社 2021
  • The United Nations Convention on the Law of the Sea: A Commentary
    Beck/Hart/Nomos 2017
  • 国際法で世界がわかる<ニュースを読み解く32講>
    岩波書店 2016
  • 国際関係・安全保障用語辞典
    ミネルヴァ書房 2013 ISBN:9784623065998
講演・口頭発表等 (32件):
  • Marine Genetic Resources: Ways to a Pragmatic Solution?
    (International Workshop on BBNJ: Toward Development of a Balanced, Effective and Universal International Agreement 2019)
  • The Role of UNCLOS in Managing Maritime Disputes: Experiences in the East and South China Seas
    (Navigating Towards the Free and Open Seas of Asia: The Role of International Law in Maintaining Good Order at Sea 2017)
  • Marine Biological Diversity Beyond Areas of National Jurisdiction: The Work of the Preparatory Committee and its Implications
    (The 6th Biennial Conference of the Asian Society of International law 2017)
  • BBNJ準備委員会における「隣接性原則」に基づく主張の検討
    (BBNJ研究会 2017)
  • The Implications of the South China Sea Award for Third Parties
    (2017 ILA-ASIL ASIA-Pacific Research Forum 2017)
もっと見る
学位 (1件):
  • 博士(法学) (東京大学)
委員歴 (3件):
  • 2020/07 - 現在 国際法学会 若手研究者育成委員会委員
  • 2015/06 - 2020/12 国際法協会日本支部 京都大会財政委員会委員
  • 2016/07 - 2020/06 国際法学会 雑誌編集委員会
所属学会 (4件):
日本海洋政策学会 ,  American Society of International Law ,  国際法協会日本支部 ,  国際法学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る