研究者
J-GLOBAL ID:201301015754624130   更新日: 2022年04月06日

越智 里香

オチ リカ | Ochi Rika
所属機関・部署:
職名: 助教
その他の所属(所属・部署名・職名) (2件):
  • 高知大学  理工学部 化学生命理工学科 
  • 高知大学  大学院 総合人間自然科学研究科 修士課程 理工学専攻 化学生命理工学コース 
ホームページURL (1件): http://science.cc.kochi-u.ac.jp/?course=4088
研究分野 (2件): 機能物性化学 ,  生体化学
研究キーワード (6件): 超分子化学 ,  自己組織化 ,  糖質 ,  ペプチド科学 ,  ヒドロゲル ,  配位高分子
競争的資金等の研究課題 (4件):
  • 2020 - 2022 特定がん細胞に局在することで蛍光OFF/ONスイッチングする蛍光プローブの開発
  • 2019 - 2021 生体分子に応答して色調変化を示す超分子ヒドロゲルセンサの開発
  • 2019 - 2020 酵素に応答して色調変化を示すペプチド型超分子ヒドロゲルの開発
  • 2018 - 2020 薬剤担持体として機能しうる生体親和性と水中安定性を兼ね備えた軽金属MOFの構築
論文 (18件):
  • Yoshiyasu Ichikawa, Daisuke Kaneno, Nobuyoshi Saeki, Takahiro Minami, Toshiya Masuda, Kumi Yoshida, Tadao Kondo, Rika Ochi. Protecting group-free method for synthesis of N-glycosyl carbamates and an assessment of the anomeric effect of nitrogen in the carbamate group. Carbohydrate Research. 2021. 108280-108280
  • Naoki Tsutsumi, Akitaka Ito, Azumi Ishigamori, Masato Ikeda, Masayuki Izumi, Rika Ochi. Synthesis and Self-Assembly Properties of Bola-amphiphilic Glycosylated Lipopeptide-Type Supramolecular Hydrogels Showing Colour Changes Along with Gel-Sol Transition. International Journal of Molecular Sciences. 2021. 22. 4. 1860-1860
  • Aya Yoshimura, Keisuke Henmi, Hitoshi Kimura, Ryo Sakakibara, Rika Ochi, Takashi Shirahata, Hideki Yorimitsu, Yohji Misaki. Synthesis of Peripherally Arylated Tetrathiafulvalenes Extended with an Anthraquinoid Spacer via Pd-Catalyzed C-H Arylation and Construction of a Double-Helical Cobalt-Based Metal-Organic Framework. Synthesis. 2021. 53. 02. 326-331
  • Ryoya Oosumi, Masato Ikeda, Akitaka Ito, Masayuki Izumi, Rika Ochi. Structural diversification of bola-amphiphilic glycolipid-type supramolecular hydrogelators exhibiting colour changes along with the gel-sol transition. Soft Matter. 2020. 16. 31. 7274-7278
  • Yoshiyasu Ichikawa, Tomoyuki Hasegawa, Takahiro Minami, Hiroshi Sato, Yukinori Morishita, Rika Ochi, Toshiya Masuda. Further Development of the Tin-Catalyzed Transcarbamoylation Reaction. Synthesis. 2020. 52. 16. 2373-2378
もっと見る
MISC (9件):
もっと見る
書籍 (1件):
  • 先端バイオマテリアルハンドブック
    NTS出版 2012
講演・口頭発表等 (73件):
  • 軽金属イオンに応答してゲル-ゾル相転移ならびに色調変化を示す超分子ヒドロゲルの開発
    (日本化学会第102春季年会 2022)
  • 凝集誘起発光特性を示す糖脂質型両親媒性分子の開発
    (日本化学会第102春季年会 2022)
  • 前立腺がん細胞のイメージングを指向したturn-on型蛍光プローブの開発
    (日本化学会第102春季年会 2022)
  • 凝集誘起発光を示すボロン酸含有両親媒性分子の合成と物性評価
    (日本化学会第102春季年会 2022)
  • 前立腺がん細胞のリアルタイムイメージングを指向したOFF/ON型蛍光プローブの開発
    (2021年日本化学会中国四国支部大会 2021)
もっと見る
学歴 (3件):
  • 2009 - 2013 京都大学 合成・生物化学専攻
  • 2007 - 2009 北海道大学 生命情報分子科学コース
  • 2003 - 2007 北海道大学 生物科学科 (高分子機能学)
学位 (1件):
  • 博士(工学) (京都大学)
経歴 (4件):
  • 2017/04 - 現在 高知大学 教育研究部 (理工学部 専任) 助教
  • 2016/04 - 2017/03 北海道大学 電子科学研究所 博士研究員
  • 2014/04 - 2016/03 北海道大学 創成研究機構 博士研究員
  • 2013/04 - 2014/03 北海道大学 電子科学研究所 博士研究員
所属学会 (6件):
日本化学会 ,  高分子学会 ,  錯体化学会 ,  日本糖質学会 ,  日本ペプチド学会 ,  FCCA
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る