研究者
J-GLOBAL ID:201301017425995872   更新日: 2020年05月31日

磯 尾紀子

Isoo Noriko
研究分野 (3件): 神経内科学 ,  神経科学一般 ,  神経科学一般
研究キーワード (10件): エクソソーム ,  病原性タンパク伝播 ,  アルツハイマー病 ,  運動ニューロン ,  シナプス形成 ,  GluN2Bサブユニット ,  NMDA受容体 ,  皮質脊髄路 ,  シナプス除去 ,  シナプス可塑性
論文 (12件):
  • Murabe N, Mori T, Fukuda S, Isoo N, Ohno T, MIzukami H, Ozawa K, Yoshimura Y, Sakurai M. Higher primate-like direct corticomotoneuronal connections are transiently formed in a juvenile subprimate mammal. Scientific reports. 2018. 8. 1. 16536
  • Isoo N, Ohno T, Isowaki M, Fukuda S, Murabe N, Mizukami H, Ozawa K, Mishina M, Sakurai M. The decline in synaptic GluN2B and rise in inhibitory neurotransmission determine the end of a critical period. Scientific reports. 2016. 6. 34196
  • Isoo N, Sakurai M. Cerebellar tremor. Neurological Medicine. 2016. 85. 1. 28-32
  • Maeda H, Fukuda S, Kameda H, Murabe N, Isoo N, Mizukami H, Ozawa K, Sakurai M. Corticospinal axons make direct synaptic connections with spinal motoneurons innervating forearm muscles early during postnatal development. The Journal of Physiology. 2016. 594. 1. 189-205
  • Isoo N, Sakurai M. Cerebellar signs and symptoms, and their physiological mechanisms. Neurological Medicine. 2013. 78. 6. 674-682
もっと見る
MISC (1件):
経歴 (1件):
  • 2016/04 - 現在 帝京大学 医学部生理学講座 講師
所属学会 (6件):
Society for Neuroscience ,  日本内科学会 ,  日本認知症学会 ,  日本生理学会 ,  日本神経科学学会 ,  日本神経学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る