研究者
J-GLOBAL ID:201301019027009097   更新日: 2021年04月05日

能津 和雄

ノウヅ カズオ | Nozu Kazuo
所属機関・部署:
職名: 准教授
研究分野 (3件): 観光学 ,  経営学 ,  人文地理学
研究キーワード (7件): 経済地理学 ,  観光地理学 ,  観光経営学 ,  観光学 ,  温泉 ,  地域振興 ,  サステイナブル・ツーリズム
競争的資金等の研究課題 (1件):
  • 2014 - 2018 熊本県南小国町黒川温泉における訪問客と受入側の意識のギャップについて
論文 (6件):
  • Chung-Shing Chan, Kazuo Nozu, Qinrou Zhou. Building destination resilience in the tourism disaster management process from the past experiences: The case of the 2018 Hokkaido Eastern Iburi earthquake in Japan. Tourism Recreation Research. 2021. 1-17
  • Chung-Shing Chan, Kazuo Nozu, Qinrou Zhou. Tourism Stakeholder Perspective for Disaster-Management Process and Resilience: The Case of the 2018 Hokkaido Eastern Iburi Earthquake in Japan. Sustainability. 2020. 12. 19. 7882-7882
  • 陳宗誠, 能津和雄, 張定安. Tourism and natural disaster management process: perception of tourism stakeholders in the case of Kumamoto earthquake in Japan. Current Issues in Tourism. 2020. 23. 15. 1864-1885
  • 能津 和雄. 熊本地震による観光への影響 (特集 熊本地震). 地理. 2016. 61. 10. 28-35,図巻頭4
  • 能津 和雄. 安城市の都市計画における新幹線新駅設置の意義とその後 (特集 東海道新幹線50年の地域変化). 地理. 2014. 59. 10. 40-47
もっと見る
MISC (17件):
  • 能津和雄. 日本国内におけるホテルと旅館の立地条件の違いについて. 季刊地理学. 2019. 71. 1. 25-26
  • 能津 和雄. 講演 黒川温泉の過去・現在・未来を考える. 温泉地域研究 = Journal of studies on spa region. 2018. 31. 63-68
  • 能津 和雄. 熊本県南小国町黒川温泉に関するウェブサイト掲載情報の関心の推移について. 日本地理学会発表要旨集. 2018. 2018. 0. 298-298
  • 能津 和雄. 熊本地震に伴う阿蘇地方への道路網及び公共交通における影響について. 日本地理学会発表要旨集. 2017. 2017. 0. 100302-100302
  • 能津 和雄. 「情報提供」と「広告」の違い-ガイドブックの歴史から考える. 地理×女子(地理2016年3月増刊号). 2016. 114-118
もっと見る
書籍 (4件):
  • 熊本地震と熊本県の観光
    成文堂 2020 ISBN:9784792392789
  • 熊本の地域研究
    成文堂 2015 ISBN:9784792392543
  • 都市の景観地理 イギリス・北アメリカ・オーストラリア編
    古今書院 2010 ISBN:9784772252508
  • 地域を調べ地域に学ぶ 持続可能な地域社会を目指して
    古今書院 2006 ISBN:9784772251099
講演・口頭発表等 (5件):
  • The Location of Accommodation at Tourist destination: The differences between Hotel and Ryokan, Japanese Traditional Inn
    (2018年国際地理学連合ケベック地域大会 2018)
  • The Influence of the 2016 Kumamoto Earthquake on Tourist Behaviour at Kurokawa Onsen Hot Spring Resort in Japan
    (The Visitor Economy - Strategies and Innovations 2017)
  • The Impact of the 2016 Kumamoto Earthquake and the Behaviour of Local Residents and Tourists
    (第11回日韓中地理学会議 2016)
  • The Gap of Awareness between Visitors and Hosts at Kurokawa Onsen Hot Spring Resort, Minami- Oguni, Kumamoto, Japan
    (2015年国際地理学連合モスクワ地域大会 2015)
  • The Impact of Disaster by the Great East Japan Earthquake to Tourism Industry in Fukushima Prefecture
    (第8回日韓中地理学会議 2013)
学歴 (2件):
  • 2004 - 2006 ボーンマス大学(英国) 修士課程
  • 1987 - 1991 都留文科大学 社会学科
学位 (2件):
  • MSc Tourism Management and Planning (ボーンマス大学(英国))
  • 文学士 (都留文科大学)
経歴 (12件):
  • 2021/04 - 現在 東海大学 スチューデントアチーブメントセンター(九州教養教育センター) 准教授
  • 2018/04 - 2021/03 東海大学 九州教養教育センター 准教授
  • 2016/04 - 2018/03 東海大学 熊本教養教育センター 准教授
  • 2013/04 - 2016/03 東海大学 経営学部観光ビジネス学科 准教授
  • 2011/01 - 2012/06 京都府伊根町役場 地域整備課観光推進室 係長
全件表示
委員歴 (4件):
  • 2018/07 - 現在 温泉観光実践士協会 理事
  • 2015/05 - 現在 日本温泉地域学会 理事
  • 2016/04 - 2017/03 国際地球理解年 日本地域活動センター アソシエイト
  • 2014 - 2016 日本学術振興会科学研究費委員会 専門委員
所属学会 (6件):
日本地理学会 ,  日本都市地理学会 ,  日本温泉地域学会 ,  地理教育研究会 ,  東北地理学会 ,  経済地理学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る