研究者
J-GLOBAL ID:201301020649141217   更新日: 2019年06月14日

駒 美保

コマ ミホ | KOMA Miho
所属機関・部署:
研究分野 (1件): 素粒子・原子核・宇宙線・宇宙物理
研究キーワード (4件): ハドロン物理学 ,  量子色力学 ,  格子QCD ,  数値シミュレーション
論文 (7件):
  • Yoshiaki Koma and Miho Koma. Precise determination of the three-quark potential in SU(3) lattice gauge theory. Physical Review D. 2017. 95. 094513-1-20
  • Y. Koma, M. Koma. Spin-dependent potentials from lattice QCD. Nucl. Phys. B. 2007. 769. 79-107
  • Miho Koma, Yoshiaki Koma. The static three-quark potential of various quark configurations. Proceedings of Science. 2015. LATTICE2015. 324-1-7
  • Y. Koma, M. Koma. The static three-quark potential from the Polyakov loop correlation function. Proceedings of Science. 2015. LATTICE2014. 352-1-7
  • Y. Koma, M. Koma. The static potential from the selected intermediate states of gluons. Proceedings of Science. 2014. LATTICE2013. 469-1-7
もっと見る
MISC (3件):
  • 駒 佳明, 駒 美保. 3体クォーク間ポテンシャル --ポリヤコフループ相関関数を用いた量子色力学の精密計算--. 日本物理学会誌. 2018. 73. 6. 376-381
  • 駒 佳明, 駒 美保. 重いクォーク物理の進展 --QCDと量子力学系ポテンシャルの対応--. 日本物理学会誌. 2012. 67. 5. 325-332
  • 駒美保. 日本物理学会に置ける男女共同参画の取り組み. 日本大学国際関係学部生活科学研究所報告. 2015. 37. 43-47
講演・口頭発表等 (1件):
  • 格子QCDで決定したクォーク間ポテンシャルによるクォーコニウムスペクトル
    (日本物理学会第69回年次大会 2014)
学歴 (3件):
  • 1993 - 1997 東京理科大学 理学部 物理学科
  • 1997 - 1999 大阪大学 理学研究科 物理学専攻
  • 1999 - 2002 大阪大学 理学研究科 物理学専攻
学位 (1件):
  • 博士(理学) (大阪大学)
経歴 (7件):
  • 2002/09/01 - 2003/08/31 ドイツ マックスプランク物理研究所 客員研究員
  • 2003/09/01 - 2004/10/31 ドイツ マックスプランク物理研究所 フンボルト財団招聘研究員
  • 2004/11/01 - 2005/01/31 ドイツ電子シンクロトロン研究所 フンボルト財団招聘研究員
  • 2005/02/01 - 2006/08/31 ドイツ電子シンクロトロン研究所 客員研究員
  • 2006/09/01 - 2008/03/31 マインツ大学 ポスドク研究員
全件表示
受賞 (1件):
  • 2010/09 - 第5回素粒子メダル奨励賞 Spin-dependent Potentials from lattice QCD
所属学会 (1件):
日本物理学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る