研究者
J-GLOBAL ID:201301020910895801   更新日: 2022年04月13日

田中 潮

Tanaka Ushio
所属機関・部署:
職名: 准教授
研究分野 (2件): 幾何学 ,  統計科学
研究キーワード (6件): Differential Geometry ,  Shape Theory ,  Point Processes ,  Spatio-temporal Statistical Analysis ,  Stochastic Geometry ,  Spatial Statistics
競争的資金等の研究課題 (7件):
  • 2019 - 2024 拡張クラスター点過程に対する尤度解析とTextilePlotの幾何構造の解明
  • 2021 - 2022 The Point Process Analysis for Ecology and Its Basic Study Based on The Theory of Point Processes
  • 2020 - 2021 The Point Process Analysis for Ecology and Its Basic Study Based on The Theory of Point Processes
  • 2019 - 2020 R package:NSclusterによるクラスター点過程に対するPalm型尤度解析の実装
  • 2018 - 2019 R package:NSclusterによる点過程解析
全件表示
論文 (9件):
もっと見る
書籍 (2件):
  • 理論統計学教程:従属性の統計理論 時空間統計解析
    共立出版 2019 ISBN:9784320113527
  • 英國王立統計學會 Significanceから グラフとしての數値表:ラマヌジャンの原理
    英國王立統計學會 2014
講演・口頭発表等 (6件):
  • Neyman-Scott クラスター点過程とそれに対するPalm 型最尤法
    (応用統計計量ワークショップ 2018)
  • How does the textile set describe geometric structures of data?
    (IASC-ARS/NZSA 2017 2017)
  • Gromov's problem: Bound the expansion coefficient from below in terms of the observable diameter of a metric measure space, and its diameter bounds
    (測地線および関連する諸問題 2017)
  • On Submanifolds of Textile Set
    (The 4th Institute of Mathematical Statistics ASIA PACIFIC RIM MEETING 2016)
  • 微分幾何の観点からのTextilePlotの理解-データサイエンスの世界的潮流とその展望-
    (統計関連学会連合大会 2016)
もっと見る
Works (1件):
  • NScluster: Simulation and Estimation of the Neyman-Scott Type Spatial Cluster Models
    U. Tanaka, M. Saga, J. Nakano 2021 -
学位 (1件):
  • Ph.D.
経歴 (1件):
  • 2022/04 - 大阪公立大学大学院 理学研究科 数学専攻
所属学会 (4件):
日本統計学会 ,  日本応用数理学会 ,  日本数学会 ,  American Mathematical Society
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る