研究者
J-GLOBAL ID:201301021607248255   更新日: 2020年09月01日

伝法谷 明子

デンポウヤ アキコ | Denpoya Akiko
所属機関・部署:
職名: 助教
競争的資金等の研究課題 (2件):
  • 2015 - 2020 がん治療を受ける患者・家族の療養生活を地域で支える連携システムモデルの開発
  • 2011 - 2016 外来がん化学療法を受ける患者を支援するための外来チーム医療システムの構築
論文 (13件):
もっと見る
MISC (6件):
  • 本間ともみ, 鳴井ひろみ, 金野将也, 伝法谷明子, 外崎裕梨, 木村ゆかり, 平典子. がん治療を受ける患者・家族の療養生活を地域で支えることに対する患者の認識. 日本がん看護学会誌(Web). 2018. 32. 253
  • 伝法谷明子, 鳴井ひろみ, 本間ともみ, 金野将也, 外崎裕梨, 木村ゆかり, 平典子. がん治療を受ける患者・家族の療養生活を地域で支えるための地域連携の現状と課題-がん診療連携拠点病院の看護師の立場から-. 日本がん看護学会誌(Web). 2018. 32. 254
  • 本間 ともみ, 鳴井 ひろみ, 金野 将也, 伝法谷 明子, 外崎 裕梨, 木村 ゆかり, 平 典子. がん治療を受ける患者・家族の療養生活を地域で支えることに対する患者の認識. 日本がん看護学会誌. 2018. 32. Suppl. 253-253
  • 伝法谷 明子, 鳴井 ひろみ, 本間 ともみ, 金野 将也, 外崎 裕梨, 木村 ゆかり, 平 典子. がん治療を受ける患者・家族の療養生活を地域で支えるための地域連携の現状と課題 がん診療連携拠点病院の看護師の立場から. 日本がん看護学会誌. 2018. 32. Suppl. 254-254
  • 織井 優貴子, 船木 淳, 伝法谷 明子. 高性能シミュレータを用いた看護演習の試み 手術を受けた患者のシナリオを使用して. 日本看護科学学会学術集会講演集. 2010. 30回. 226-226
もっと見る
講演・口頭発表等 (2件):
  • がん治療を受ける患者・家族の療養生活を地域で支えることに対する患者の認識
    (第32回日本がん看護学会学術集会 2018)
  • がん治療を受ける患者・家族の療養生活を地域で支えるための現状と課題ーがん診療連携拠点病院の看護師の立場から-
    (第32回日本がん看護学会学術集会 2018)
学歴 (2件):
  • 2015 - 2016 青森県立保健大学大学院 博士前期課程
  • 2001 - 2005 青森県立保健大学健康科学部看護学科
経歴 (3件):
  • 2017/04 - 現在 青森県立保健大学健康科学部看護学科 助教
  • 2009/04 - 2017/03 青森県立保健大学健康科学部看護学科 助手
  • 2005/04 - 2009/03 青森県立中央病院
所属学会 (4件):
日本ヒューマンケア科学学会 ,  日本循環器看護学会 ,  日本がん看護学会 ,  日本看護科学学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る