研究者
J-GLOBAL ID:201301022167155370   更新日: 2020年10月19日

丹菊 逸治

タンギク イツジ | Tangiku Itsuji
所属機関・部署:
職名: 准教授
ホームページURL (1件): http://kaken.nii.ac.jp/d/r/80397009.ja.html
研究分野 (2件): 文化人類学、民俗学 ,  言語学
研究キーワード (27件): ニヴフ ,  音声資料 ,  ロシア連邦 ,  先住民 ,  文化人類学 ,  サハリン ,  生活史 ,  口承文学 ,  民族学 ,  ニヴフ(ギリヤーク) ,  生活史(ライフヒストリー) ,  ピウスツキ ,  ニヴフ(ニブフ、ニブヒ、ニヴヒ、ギリヤーク) ,  高橋盛孝 ,  少数民族 ,  消滅の危機に瀕した言語 ,  言語学 ,  北東ユーラシア ,  昔話 ,  ミャオ ,  民具名称 ,  言語接触 ,  北方 ,  ナーナイ ,  アイヌ ,  ユカギール ,  ポジェン
論文 (19件):
  • 丹菊逸治. アイヌ語復興のこれまでとこれから. 民族學界. 2020. 45. 5-48
  • 丹菊逸治, 篠原智花. ニヴフ伝統音楽における追悼の音. 民族音楽楽器研究. 2019. 6. 291-300
  • 丹菊逸治. 高橋盛孝採録ニヴフ伝統歌謡の詩連と押韻形式. 千葉大学ユーラシア言語文化論集. 2018. 20. 113-125
  • 篠原智花, 丹菊逸治. トンコリとシチェプシン. Studia instrumentorum musicae popularis. 2017. V. 405-416
  • 丹菊逸治. 成長物語・恋愛物語としての『クトゥネシㇼカ』. ひろがる北方研究の地平線 中川裕先生還暦記念論文集. 2017. 59-70
もっと見る
MISC (19件):
  • 丹菊逸治. アイヌ文学. 原教界. 2017. 78. 86-93
  • 丹菊逸治. アイヌ語の世界. 原教界. 2017. 77. 80-87
  • 丹菊逸治. コメンテーターの視点から (第四〇回大会シンポジウム ユーラシアと日本列島 世界の中のアイヌ叙事詩). 口承文藝研究. 2017. 210-213
  • 白石 英才, 丹菊 逸治. ニヴフ語アムール方言の基礎語彙(3). 北方言語研究. 2015. 5. 215-226
  • 丹菊 逸治. アイヌ口承文芸と子ども (うたと語りと声) -- (うたと語りと声の力). 子どもの文化. 2014. 46. 7. 112-118
もっと見る
書籍 (14件):
  • ナジェジダ・タンジナ伝承集(ロシア語版)
    北海道大学 2020
  • アイヌ韻文の行頭韻
    北海道大学アイヌ・先住民研究センター 2020
  • アイヌ語復興の新しい流れ(『ことばと社会』20号)
    三元社 2019
  • サハリン先住民族文化の復興 (『アジア遊学』227 特集「アジアとしてのシベリア 」)
    勉誠出版 2018
  • アイヌ叙景詩鑑賞~押韻法を中心に
    北海道大学アイヌ・先住民研究センター 2018
もっと見る
講演・口頭発表等 (11件):
  • ニヴフ歌謡とアイヌ歌謡
    (パレオアジア諸民族のフォークロア 2019)
  • ニヴフ伝統音楽における「追悼」の音
    (国際伝統音楽協会楽器部会第22回大会 2019)
  • 「さあ、参加して学ぼう!」:山本多助はポロナイスクで何を見たか
    (第二回ロシア連邦極東先住民族言語による国際シンポジウム 2019)
  • 個人の活動にもとづいたアイヌ語復興運動
    (台湾・中央大学客家学院「客家語及びマイノリティ言語の復興」 2018)
  • アイヌ伝統文学とアイヌ現代文学
    (台湾原住民族文学国際シンポジウム「和而不同」 2018)
もっと見る
学位 (1件):
  • 博士(文学) (千葉大学)
経歴 (1件):
  • 2006 - 2008 東京外国語大学 AA研 研究員
所属学会 (2件):
国際伝統音楽協会 ,  日本口承文芸学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る